NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱり百薬の長

「僕の生活は今後乾くことが無いよ。それは君がオアシスだから。」などと誰かに撲殺して欲しくなるようなセリフがいつかさらっと言えるダンディな大人になれると信じてやまない僕です。
ある種の病気のようなものですね。


さてさて、一人の夜を不十分な結果で過ごしてしまった訳なんですが、土曜日には久々に僕の大好きなお酒にありつけました。

ここのところ体調が悪く、飲む機会も無かったわけですからとっても嬉しかったです。

というわけで僕は千葉県のとっとこのおうちまで家にあった日本酒のビンを握り締め、そのままの状態のまま家を後にしました。

そこで僕の目に飛び込んできたのは見渡す限りの一面銀世界。

雪が降るとは聞いていましたがこんなに積もってるの?

だいじょぶなの??

わざわざこんな日に出かけることもないと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、お酒が楽しく飲めるとあっては、たとえ目の前が炎の海だろうが空から槍が降ってこようが僕の前進は止められないのです。

それだけお酒が飲みたかったのです。

意気揚々ととっとこ宅へ向かいました。

その途中、乗り換えのために電車を一度降りたのですがその降りた駅の外のロータリーの広場で子連れの夫婦が雪合戦しているのを目撃しました。

「人目の多い、とっても狭いそんなところでやらなくてもいいじゃないか。雪がそんなに珍しいのか?ふん!都会人ぶりやがって!!」

などと考えていました。

僕の実家のほうは一年に何回か大雪が降るので雪は大して珍しくありません。

全く、タクシーに当たったら危ないじゃないか!

人だって通ってるんだぞ!!

危ないじゃないか!!

でもなんか楽しそうだな・・・。

でも危ないって!

危ないって!

危ないって・・・

・・・・・・、

まざりてぇぇぇぇぇ!!!!(’06 叫び)

なんて楽しそうな笑顔なんだ!!

僕もやりたい!!

キャピキャピ言いたい!!!

と思いながら、電車に乗り込む僕。

数十分電車に揺られ千葉県へ。

とっとこのおうちに着いたときにはすでに友人tsyがついており、ビールの缶もふたが開いている状態でした。

僕も二人に遅れながらアルコールを体内に摂取いたしました。

マジ最高!!!

やっぱお酒はうまいな!!

と、なぜ僕はお酒を飲むためにとっとこのおうちに来たのでしょうか?

それはですね、とっとこのおうちの近くで開催されるクラブに行くためです。

キャバレークラブではありませんよ。

昔でいうディスコのようなところですよ?

わかりますでしょうか??

しかしですね、そのクラブ内の飲み物がまぁ高い高い。

そんなわけで少しでもお金を浮かせようと飲んでから行くというけちな作戦に打って出たわけであります。

「ある程度出来上がってから行こう!」

と決めていたわけであります。

それなのに・・・、

おい!!とっとこ!!!!

てめー出来上がりすぎて吐いてるんじゃねぇよ!!

意味ないじゃないか!!

吐いたら気分スッキリしちゃうじゃないか!!!

酔いなんて醒めてしまうじゃないか!!!!

それで便所から出てきて「酔ってないよ!」って吐いちゃえばそりゃそうだろう!!

と言う様な会話もしながら僕たちは夜の工場地帯へと消えていくのでありました。

・・・けちな計画・・・

計画が
まったくもって
意味持たず   僕

スポンサーサイト
  1. 2006/01/22(日) 18:16:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。