NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寝る寝る寝る

「なんだこれは。」

「隊長どうしました?」

「オイ!これは何だと思う?」

「はっ?何のことです?」

「なっ、何のことですって、キサマこれがわからんのか?」

「わからんもなにも隊長、私目の目の前には全裸の隊長しかいないじゃないですか。」

「くっ、ここまで催眠が回っているのか!誰か!まともな奴は居らぬか!?」

「隊長!ここにいる人たちはみなまともです!無礼を承知で申し上げますと正気でないのは隊長のみかと・・・。」

「だまらんかぁこの小童がぁ!!」

「グハァッ!」

「ええい、話にならん!右近よ!この無礼者をつるし上げておけ!」

「ハッ!」

「まったく!しかし何なんだいったい!この体がまるで今にも溶けてしまいそうな感覚は。左近よ、お主はどうだ?わからぬかこの感覚が?」

「ハッ、私目のような未熟者にはわかりかねます。」

「うむ、そうか・・・。」

「隊長!」

「何だ左近よ?」

「もしかしましたら先ほど飲まれていた『牛乳屋さんのミルクココア』の中に幻覚剤のようなものが入れられていたのでは?」

「なにぃ?むっ、そういえば確かにさっき飲んでからこの感覚が体に付きまとっておる。さては一杯盛られたか!誰だ!ワシに『牛乳屋さんのミルクココア』を差し出した奴は!!??」

「ハッ、隊長ご自身であります。」

「なに?それはまことか?」

「ハッ、左様です!」

「すると何か?ワシが勝手に幻覚剤か何かを飲んで全裸になり、勝手に喚き散らしていると申すのか?」

「ハッそれ以外には考えられn」「黙らんかぁぁぁぁぁ!!!」

「ヘグシッ。」

「なんということだ!こともあろうにワシ自身に問題があるかのような言い草!ワシに対して忠誠心のかけらもないではないか!ここは普通違っても『あやつが入れました』とかって言えばいいのに・・・。」

「最近なんだか妙に忠誠心が薄れてきていたのは気づいていたがここまでとは・・・。ここは一つ心を鬼と化し、やつらに血を見させて恐怖で支配するしか手はないな!見ておれ、ぐわっははははははははぁぁぁぁ!!」


って夢が見たいので寝る。

スポンサーサイト
  1. 2006/03/25(土) 15:56:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。