NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

合同コンパ

恋する乙女じゃいられない、僕です。


できれば毎日更新したいんですけれども、なんたって僕は花も恥じらう23歳恋せよ乙女でありますから、忙しいときなんかはなかなか更新できない事は僕の不徳の致すところでございます。


そんなわけで、昨日は休日を利用して友人とっとこと川崎にある友人tsyのお家に遊びに行きました。

男3人でホモりに行ったのではなくて、あれですよあれ。

「ご」で始まって「ぱ」で終わるあれ。

合同コンパ略して合コン、イヤッホゥ!

合コンですよ合コン!

春ですよ春、春の匂いですよ!

知らない男女がお酒だなんだとよそよそしく飲んだり食ったりするあれですよ!

出会いの広場ですよ!

友人tsyプレゼンツですよ!

彼女に振られて早1年と少し、僕にもそろそろ浮ついた話の1つや2つはあってもいいんじゃないかということで、お呼ばれしてしまいました。

もちろんウキウキなのは言うまでもないです。

ほっぺたつねられようが痛みなんて感じません。

そんなわけで昨日は合同コンパ略して合コンに言ってまいりました。

事前にtsyから飛び切りのお洒落をしてこいとの連絡。

それもそうだと思った僕は早速ウォークインクローゼットの中を探しましたがあいにく燕尾服も真っ白のタキシードもクリーニングに出してしまっていたので仕方なくいつもとおんなじ服で行くことに。

合コン場所は横浜。

そうここ横浜。

のお洒落な居酒屋。

時間は7時からだったんですけれども多少早くついてしまったのと寒かったこともあり僕たち3人はカフェに入って時間を潰す事に。

コーシーが僕の体を温めてくれます、コーシーが。

ですがコーシーが僕を温めてくれるのも今日で最後です。

今日という日が過ぎれば僕を温めてくれる人が横にはいるはずなので。

そんな行き過ぎた妄想をしていたなんて最早書かなくてもわかりきっていることだと思うんですけれども、体が温まった僕たちはカフェを出ました。

ですがまだ時間は余っています。

目の前に大きな観覧車があったのであれに乗ろうという僕の提案は黙殺され、今の僕たちの気持ちを表現しようということで男3人でプリクラ撮ってやりました。

僕たちのプリクラでのはしゃぎようっていったら、カップルで撮ってるやつらの45倍ははしゃいでいたんじゃないでしょうか。

プリクラの画像とか乗せようかなとか思ったんですけれども、とっとこのスマイルがあまりにも耐えられないので断念。

そうこうしているうちに時間も押し迫り、僕たちは一路居酒屋に。

気合十分、段取り完璧、装備確認、弾薬補充。

僕たちは戦場へと赴きました。


その居酒屋は僕は以前に1度来た事があったんですけれども、お洒落ですし雰囲気もいいですしおいしいですし言うことなし。

そんなところで始まりました合コンが。

相手の女性達も僕たちと同い年の23歳青春真っ盛りです。

そのうちの1人は僕は過去に面識があったんですけれども、あとの2人は 初体験 初対面です。

合コンの開始はなんと言っても自己紹介から。

それで全てが決まるわけなんですけれども、なかなか始まりません自己紹介が。

相手の名前がわからないですし、どういう人かもエスパーではない僕には判断がつかないので始まるまで酒を飲み飲みしていました。

そうこうしているうちにようやく自己紹介スタート。

みんな名前と簡単に趣味とか言い合っていまして、僕も「趣味は野球と禁煙、特技は野球と禁煙失敗です」とかだだ滑りな事言ってしまっていたんですけれども、これでようやく相手の名前とかもわかったわけですし、盛り上がりましょうそうしましょう。


ですが、


なかなか話が弾みません。

昔の僕ならギラギラしたまるで獲物を狙う狼かライオンのようだったのかもしれませんけれども、僕は23歳大人。

がつがつしていません。

それが裏目だったのか、政治や経済の話をしなかったからいけなかったのかなかなか弾まないんです。

なんとなく重たい空気。

そんな空気に耐えられない男が1名。

とっとこです。

突然スイッチが入ったように酒飲んでは横槍入れてまた飲んでは絡んでまた飲んでってオイオイここは新橋の飲み屋か?なんて態度に移っていったわけです。

そんなとっとこの自分を犠牲にした捨て身の攻撃で何とか場も和み話も徐々に弾むようになりました。

僕はといいますと、序盤に酒飲み過ぎたせいで多少回ってしまい、自分が今合コンに参加しているなんて事忘れてしまっているような感じになってしまう醜態をさらしてしまったわけです。

そんな感じで時間も過ぎ、3時間ほどで終了。

彼女たちを駅まで送っていき、僕たちも帰路へ。

なんの成果もなかった僕。

「超ディスられまくった」とか被害妄想に陥るとっとこ。

当然何もできなかった僕ですから、もちろん帰りはこんな感じ。

photo.jpg


横移動のエスカレーターをまともに立って歩く気力もないので、倒れたまま運ばれていきました。

当然とっとこも。

photo3.jpg


僕の「大事なところは旦那にも見せられない」という乙女チックな心ととっとこの黄色がとってもかわいらしいですね。

そんな感じで昨日は川崎の友人tsyの家に泊まり、今日雨の中バイクでとっとこに品川まで送ってもらい、お腹痛いの我慢しながら帰ってきたわけであります。


まぁね、なんつーの?

彼女?

女?

フィアンセ?

そんなものいらねぇやい!!


いやいや嘘ウソ、大嘘。

欲しくて欲しくてたまらない23歳です。

彼女いない暦1年としばらくです。

趣味は野球と禁煙、特技は野球と禁煙失敗です。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/16(日) 13:41:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。