NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

でも言っちゃった

「ダイジョーブ、もう、ばかねぇ。」僕です。


昨日はあまりにも眠すぎたのと、今日は寝坊はしたくないってことで12時前に眠ったのにもかかわらず、今日もしっかりと寝坊するとか考えられないようなファンタジー。

ドリーム。

サマー。

年末。


そんなわけで今日も食パンほおばりながら走って駅に向かう絵が思い浮かべられる朝だったんですけれども、仕事行ったら行ったで超暇。

することなんてほとんどなし。

休憩4時間とかどれだけ体休めればいいんだよって話なんですけれども、たまたま友人Kの家の近くだったので遊びに行ってきました。

もちろん勤務時間中です。

友人Kってのは以前にも書いたんですけれども、僕と同類のダメ人間で背筋がピンと伸びきった非常に姿勢のいいナイスゲイガイでして、そんな彼のおうちに遊びに行ってきました。

家にはKの先輩みたいな人がいて、家がなくて困っていたらしいので心の優しいナイスゲイガイなKは居候させてあげてるそうです。

男3人です。

一人は初体験初対面です。

ですが僕は女性と違って初対面の男性には相手次第ですが人見知りはしないほうの部類に属する人間でして、Kが席をはずしていきなり2人きりにさせられても会話がおいそれと出てくるのであります。

なんでこのノリが合コンのときに出なかったのかまったくもって不思議です。

超ファンタジー。

そんな感じで3人で話していたんですけれども、僕とその初対面の人は現在フリーター、Kは親のすねが大好物の現在ニート、みたいなもん。

当然話題は仕事のこととかになるんですけれども、ほとんどが友人Kについてであります。

ピラミッドの頂点にいる人たちからみれば、フリーターもニートも変わらんだろうと札束を扇子に見立ててパタパタしていると思いますけども、僕たち下級層の中ではフリーターとニートなんてのは大違い。

月とすっぽん、うんことケーキ、馬に大根、猫にシャレコウベです。

僕たちの方がランクは上なんです。

食物連鎖で言えば僕たちがライオンでKはアメンボです。

そんな立場ですから、当然僕たちはKよりも高いところから見下ろし感覚であーしろこーしろなんて言うんですけれども、Kもなかなか腰の重いニートです。

部屋の中にはフロムエーが散乱しています。

ですが、Kはそれらをただただ眺めるだけ。

週刊誌か漫画と勘違いしているようです。

買って満足しちゃってる姿は、見ていて痛々しい限りです。

なんとかしてやらねばと思い、僕がその情報誌をペラペラめくって適当なところでKになりすまして電話して面接の予定でも組み込んでやろうとしました。

するとK、「やだよ、やめてよ!」

「だってそうでもしないと何もしないだろ?」

「そうだけどさ・・・。」

「何?」

「俺今800円しか無いんだよ。面接決まっても履歴書に貼る写真撮ったら残り100円でしょ?面接地が電車に乗っていくところだったら全部用意しても行けないんだよ。」

だそうです。

何も言えませんでした。

その後も僕は「まずバイト探しはね」とか「とりあえず仕事をだね」とか「10日くらい」とか偉そうにあーだこーだ言いながら3時間ほどKの家に居座ったんですけれども、勤務時間中に3時間も友人宅で遊んでる僕は偉そうなこと言える立場じゃないんじゃないかとか後で思いました。

超ファンタジー。

スポンサーサイト
  1. 2006/04/19(水) 20:44:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。