NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ほんとに気持ち悪いですからね

今更ながら毎日ネタが出てくる人はスゲーと思わずにはいられません僕です。


日中暑くてかなわないのに夜になると幾分か涼しい、とっつきにくいけどホントはいい奴みたいなまるで僕のような日が最近多いですね。

で、昨日夜中に当然のようにタバコをきらせてしまいまして、カートンもすでに空になってるわけですからここはこれを機に禁煙しちゃおうとか恐ろしいほど全然思わないでコンビニに買いに行ったんですけれども、その道中、ってか僕の住んでるマンションの裏の道にて奇妙な生物と遭遇しました。

なんか体長は50センチ以上あるバカ長い感じなんですけれども、ミミズとかそれくらいの細さなんですね。

で、色とか夏なのに真っ白なんですよ。

日焼けとかしてない感じなんですよ。

動きもスゲー遅くてマジ気持ち悪いんですね。

実は僕この生物を見るの2度目なんですけれども、正体がわかりません。

運良く僕は携帯という非常に便利な利器を持ち合わせていましたので便利機能であるカメラで撮影してみました。

長すぎるため全体が入らなかったんですけれども、一応撮ってみたので載せようと思いますけれども、わかりづらいですが一応ニョロニョロ系の虫とか生き物が苦手な方は見ないほうがいいのでは?と思います。

これなんですけれども。

って今携帯の画像送ってアップロードしようとしたらできませんでした。

ここまで書いて書き直しとか嫌みたいに思うところあるんで消したりここまでの内容変えたりしない男前で通そうと思いますけれども、画像は明日載せようと思います。

「またぁ、タケチさんネタがないからって嘘ついちゃって!この狼!ケダモノ!食べて私を!」みたいに言われるのも嫌ですからね!

明日ちゃんと載せようと思います。

で、無事にタバコ買いまして、同じ道を通るとまたあの気持ち悪いニョロニョロを見なきゃならんのかということで、気持ち悪いということで、初夏ということで、違う道を通ってきたんですけれども、近くになんかお地蔵さん?みたいな感じのどう考えても何かを供養している、もしくは奉っている風な建造物があるんですけれども、その建造物の前で手を合わせておそらく目も閉じて拝んでいる女性がいました。

この場所はその女性にとってどういった場所かは知りませんけれども、さすがに不気味でして、深夜2時30分を回っていまして、こんな時間にお祈り?お参り?とか思いまして、ちょっと肝とか背中とか場の空気とか冷やしながら通り去ろうと思ったんですけれども、なんか僕が後ろを通った時にその拝んでる女性が首だけちょっと横に回して横目で僕のことをじっとにらみつけていました。

もちろん無言でした。

本気で怖かったですおしっこ出たかも。

なので当然のように僕は気づかないふりして通り過ぎまして、曲がり角のところで道を曲がるついでにこっそり見てみたんですけれども、その場所にはもう誰もいませんでした。

そうか!これはたちの悪い夢なんだな!って思います。

そうじゃないと夜とか寝れなくなりそうな目つきしてたんで。

つーかマジ最近僕の住んでる周辺おかしいですって。

なんか都会じゃ考えられないほどでかいカエルが都会にいるんですよ?

ソフトボールとかそんなのよりもでかめのカエルですよ?

東京ですよ?

しかも集団でですよ?

付け加えてニョロニョロでしょ、拝んでる女の人でしょ、マジ怖い!

いい加減僕もここ出たい!

引っ越しとかしたい!

ヒルズに住みたい!

ってことでなにやら引っ越しとかそんな感じのことを企てようとしているんですけれども、銀行の口座の残高を見たら泣き崩れてしまったのでしばらくここから出れそうもないですね☆

どっかにいい物件ないかなぁ。

って事で駅近築浅マンション洋室風呂トイレ別2階以上南向き収納ありテラスありの訳あり物件をご存知の方いらっしゃらないでしょうか?

よく兄と話してたんですけれども、この場合の訳ありってのはもちろん幽霊が出るとか前に住んでた人が亡くなったとかそんな感じのことでして、間違っても両隣がヤクザだ、もしくはビル全体がヤクザしかいないといった事とは違いますので、そんな感じの情報持ってる方がいたらこっそり教えて欲しいな!

スポンサーサイト
  1. 2006/07/06(木) 15:34:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。