NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今日は書くことなし

いつもそっとあなたの心に舞い降りる天使です。


暑いですね、今日も暑くてかなわないんですけど、あいにく僕はスゲー冷房の利いたオフィスで女子社員を視姦しているので今のところ暑さとは無縁の状態です。

昨日はほんとに死ぬんじゃねぇかとも思えたわけですけど、今こうやって元気に仕事サボっていられるのは僕の体力が尋常じゃないからですね。

さて、先日から地元の友人がまた1人このブログの読者になったようでして、また1人僕の恥部を閲覧するのかと思うと恥ずかしくてかなわないんですけれども、今更隠すようなことはないですし、ここはいっちょ恥部だけではなく大人の男であるんだぞということを鼓舞するために正座しながら書こうと思いましたけど、疲れるんでやめました。

そんなわけで今日はまったく書くことないんですよ奥さんびっくりしちゃうわねぇ~。

  1. 2006/08/06(日) 15:34:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

命も落とすなこりゃ

太陽をなんとか懲らしめたい僕です。

今日は照り付ける憎いあんちくしょう、太陽の野郎のせいでじゃっかん左腕とか溶け始めたかもくさい、そんな感じなんで右手だけで携帯からお邪魔しちゃってます。

てかぶっちゃけ左腕とか使わなくても携帯くらい僕くらいになれば右手一つでじゅうぶんなんすよね。

もう超楽勝!

ぶっちゃけ画面とか止まって見えるしね。

そんなわけで今日は携帯から打ち込んでるわけなんですけども、今日とか僕チャリで移動してたんすよ。

この糞暑いなかチャリとかありえないですよね、スゲー汗とかかいちゃいましたからね。

でチャリをあほづらでこいでたんですけど、踏み切りあるじゃないですか、踏み切り。

当然さがってる時とか渡るようなことさすがにそこまで生き急いでないんでやりませんけど、まぁ待ってたんですね。

で、電車が通り過ぎてさぁ渡ろうと思ったんですけど、まだ遮断機降りたままでカンコンなったりしてんすよ。

おっと危ない僕ったらはやとちりがすぎるんだからとかって思いながら次の電車過ぎるの待ってたんですよ。

こねぇの!

電車こねぇの!

電車通ってから5分間くらいなんにも通りゃしねぇの!

で、ようやく通ったと思ってさて渡ろうかしらと思ったんですけれども、まだ遮断機あがらねぇの。

びっくり。

20分ですよ20分。

そんななげぇー間この糞暑い日差しをもろに浴びてましたからね。

危うく熱中症になるところでしたってかその直後気持ち悪くなってゲロ吐いちゃった☆
  1. 2006/08/05(土) 21:52:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

電車がないとどこにも行けねぇ

乳輪はどれくらいからでかい部類に属するのかが友人Kともども謎です僕です。


今日は眠いのとめんどくさいことを理由に更新しないでおこうと思ったんですけど、たまたま電車で見たお姉さんの胸元がすばらしく開いていたので元気よく更新しようと思いました。

てかあれだね、やっぱ夏になると女性は露出がすごいね。

もうおっぱいの3分の1は露出してる人がスゲーいるしね。

こうなるともう乳首とか隠してるほうが逆に恥ずかしくなったりしちゃうんじゃないの?という疑問にさいなまれたりするのも仕方のないことだと思います。

さて、世間様のお子様たちは長期の休み、俗に言う夏休みという感じの日々を過ごしていると思うんですけれども、我が家の次男であるところの僕は親からしたらまだ子ども扱いされてもおかしくないのに夏休みがないという事態に大変驚いています。

ここはちょっと豪勢に夏休みでも10日ばかしとっちまうか!などと考えてみたんですけど、間違いなく死に直結してしまう惨事になってしまうのでウダウダ言わずにがんばって働こうと思いました。

でだ、今日とかもスゲー満員電車で誰かの汗臭さに狂乱していたんですけど、電車が来て扉開いたときにはすでに満員でして、しかも人が1人も降りてこないという大変珍しい事態に遭遇、まぁ確かに僕が住んでるところで降りても何にもないですから降りる価値がないところに僕は住んでいるんだなということを再認識して電車に乗り込んだんです。

でね?たまたま僕のすぐ目の前のつり革が開いていたんで満員の状態でもより優雅に過ごしたいと思うあたりがセレブな僕はつり革に摑まろうとしたんですけど、時を同じくして見事なまでのバーコードヘッドのオヤジもつり革に摑まりやがりまして、手と手が触れ合う事態になってしまいました。

これが美女じゃないあたり僕のラブストーリーはまだ突然出てくる機会を伺ってるのだなと感じました。

なんか微妙にお互い気まずい顔になったのが気分が悪かったです。

そんな感じでようやく出社しましてまじめに仕事(落書きしたり席をちょっと立ち上がった人が座る瞬間にすかさず丸めたゴミを置く等)をこなしまして、そうこうするうちにあれよあれよと終わりの時間になったんで帰ったんですよもちろん、まだ僕には帰れる家があるんでね?

で、当然来た時と同じ路線の電車に乗るわけなんですけど、僕の駅は各駅停車の電車しか止まらない駅でして、一回急行にのって降りて各駅に乗り換えて下車するという高等テクを駆使するわけなんですけど、急行じゃなくてたまたま来た準急電車に颯爽と乗り込みまして止まる駅で降りたんですね。

で、各駅の電車に乗り換えるわけなんですけど、降りた反対側にすでに電車が止まっていたんで勝手に各駅停車の電車だなとこちら側は判断、急いで乗り込みます。

で、乗り込んだと同時に扉が閉まったんですけど、なんか車内アナウンスが流れるんですよ。

それ聞いてたらなんか「快速電車、○○行き」とか言ってんですよ。

快速なんて急行が止まらない僕の最寄り駅ではさらに止まることが予想できない場所に決まってんですよ。

しかも当然快速と言われるくらいですからそんじょそこらの電車とはわけが違いまして、スゲー駅を飛び越して更なるブルジョアの高みを目指そうかとしてるんですね。

アチャー仕事(ガム噛んでたら怒られて泣いたり、友人の買ったばっかの清閑?スプレーをいない間にほぼ使い切ってみたり)で疲れて早く帰ってくつろぎたいとか思ってたのにあんまりだ!とかって自分の責任を丸投げして憤慨していたんですけど、怒ったところで電車が止まるはずもなく、しょうがなくぶつくさ言いながら止まった駅で乗り換えることになりました。

そこの駅は急行も止まるんで急行で急いでUターンしようと思ったんですけど、万全を期すために各駅で律儀に帰ったりしました。

で、ようやく帰ってくつろいでたらこんな時間に新聞の勧誘がきてバトッたりもしてみました。

忙しかったよ。

  1. 2006/08/04(金) 19:34:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スゲー暑いのね

スゲー眠い○です。


一人暮らしもだいぶ落ち着いてきまして、1人分の洗濯にも慣れて来た頃なんですけど、昨日とかも洗濯したんですよ。

で、未だに僕とかバスタオルを二度使うというどっかの村ぐるみで行われていてもおかしくない風習が染み付いてしまったんで洗濯とかスゲー楽なんですね。

で、バチャバチャ洗濯機をかき鳴らしていたわけなんですけど、乾燥機に放り込みまして乾燥が終わるまで待ちまして、さて終わった取り込んで畳んじゃおうかしらと思いバスタオルを取り出したら1枚しか出てきませんでした。

6日置きに洗濯に行っているんで2度使っても3枚は出てこないとおかしい計算なんです。

パンツとかしっかり6日分出てきたんです。

でもバスタオルは1枚しか出てきてないんです。

毎日シャワーは入ってたんです。

あれぇ?とかって思いましたけれども、なんかの悪い冗談だろうと思いましてスゲー無視です。

さて、今日とかたまたま僕の家の近辺に仕事で行く用事がありまして、仕事で僕んち近辺を歩き回っていたんですよ。

で、その仕事も12時頃には終わってしまいまして、事務所には4時過ぎに戻ればいい感じだったのでこりゃ儲けもんだと思って家に帰ったんですね。

仕事の時間中に家に帰るとかマジありえないですよね、でもありえるんですね。

当然仕事中とはいえ我が家にいるわけですからくつろぐのが礼儀だと思って早速パンツ一丁の見方によってはレスラーとかボクサーに見えなくもない格好に変身です。

でね、今日とかそれはそれはすごい暑さだったんで汗とかそりゃすごい勢いでかいてんですよ。

びっしょりってかぐっちょり、そんな擬音語が当てはまりそうなほど激しくアグレッシブに、それでいて優雅に濡れていたんですね。

ウヘアァ、とかって思って洗濯籠にぶち込もうと思ったんですけど、そういえば今仕事中ですし、さすがに事務所に戻るのに服が変わってたとかってのはサボってたと思われるか僕が新郎でお色直ししてたって思われるかのどっちかじゃないですか?

そういう目で見られるのとか結構僕恥ずかしく思うところあるんで「よし、濡れてるけどもう一度これ着ちゃおう」って思ったんです。

で、暑いんで当然のようにエアコンをつけて涼んでいたんですけど、こんだけエアコンかけてれば濡れている服だってあるいわ!とかって思いまして、冷風が出てくるエアコンの前にかざしてしばらく放置プレイです。

ウワー放置プレイとかしちゃうなんて僕ってやっぱり根っからのSだわぁ、とかって自分にうっとりしてたんですけど、そろそろ時間になるってんで服を触ってみたんですけど、まぁ当然のように乾いてなくてただひんやりしただけでした。

しかも部屋干し、さらには生乾きということもありまして、なんかモノスゲー悪臭を放つシャツへ変貌、周囲に多大なご迷惑とかかけてみました。


話し変わりまして、最近僕髪伸びてきたんです。

持ち前のエロさもあってか知らないですけど、ずいぶんと僕伸びるの早いみたいなんです。

でね?普通髪伸びたら美容院とかに行くじゃないですか?

当然僕も2ヶ月くらい前に美容院に行ったわけなんですけど、その2ヶ月前に美容院に行ったのが実は僕東京に来て6年間で2度目なんです。

1度目は来たばっかりのときに行ったんですけど、それから数年間自分で切るか友人に切ってもらうか、当時にはいたのにどういうわけか今は溶けてしまって存在の確認ができない彼女に切ってもらったりしていたんですけど、途中から僕ボーズヘアっていう流行の最先端を行くヘアスタイルに切り替えたおかげで、自分で鏡見ながら2週間に一回ブゥウイィィィィンって感じで刈り込んでいたんでまったく美容院とか行かなかったんですね。

でもさすがにそろそろボーズにも飽きたしってことで伸ばし始めたんですけど、伸びるのハエーもんですからまじめんどくさい!

もしかしたら「あの人ビジュアル系?」とかって思われてもおかしくないですね、それは言い過ぎたね。

まぁそんな感じなんで近々髪切りに行こうと思ってます。

で、何気なくポスト明けてみたところ。

「メールしてね メール友達になりましょう

 ○○○○○○○○○○○○@ボダホン

         美容師より      」

みたいなチラシが入ってたんですよ。

フッ、笑わせるなと、こんな姑息な手に引っかかる僕ではないと、まったく、世の中にはあくどいこと考えるやつがいるなと思いまして、早速メールしてみました

そうしましたところ、どうもほんとに美容師くさい、しかもいつも駅に行く途中にある美容院とかぬかしてるんです。

しかも頻繁にメールが来るようになってしまいまして、アチャースゲーめんどくせーなこりゃといった状況です。

なので今日辺り指定着信拒否に登録しようと思っている次第であります。

  1. 2006/08/03(木) 19:31:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

久しぶりの休日

女ってのはね、こう優しくいきすぎてもダメなのよ、時にはガッとね、力ずくでね、男らしさアピールしてね、物にするみたいな?そういうのも必要なんだよ。(24歳独身彼女いない暦1年半以上のT氏談)僕です。


そういえば梅雨明けてましたね。

なんか体にまとわり付くようなヌメッとした感じの不快指数の塊みたいな空気がなくなってますからね。

夜とかも外に出てみるとなんかモノスゲー爽やかな風が吹いてて夏なのに秋の香りを感じるような、そんな穏やかなまるで僕のような夜も続いているようです。

さて、今日とか僕9日ぶりに休みなんですけど、ってゆーかあの新潟に行った3連休から昨日までの10数日間に僕1日しか休んでなかったんですね疲れるわけだ、で、今日休みだってんで頑張って充実した日を過ごしちゃおうとか思いまして、朝起きて空気の入れ替え、コーヒーを入れてトースト焼いてそれをほおばりながら英字新聞を読み漁り、早朝のジョギングまでして昼過ぎから近所のプールでバタフライに興じていましたと書こうとしたんですけど、さっき起きました。

昨日なんて寝たの12時をちょっとすぎた感じの時間だったんですけど、14時間とか寝ちゃってました。

あぁやっぱり僕は疲れきっているんだなと、その疲れを癒してくれるような女神はいないんだなと、満面の笑みで振り返って上半身が若干傾きながら「お帰り(はぁと)」とかっていってくれる人はいないんだなということを改めて認識いたしまして、独り身の切なさをかみ締めている穏やかな午後、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

昨日僕ですね、仕事終わって新宿行ったんですよ。

行ったってか帰り道なのでどの道その道通る道なわけなんですけど、昨日は用事がありまして。

数日前、僕の幼馴染、物心ついたときから遊んだりしてる子、今は美容師を都内近郊のどこかでやってる女子から久しぶりに連絡が来まして、久しぶりに飲みに行こう!という話になりまして不夜城新宿に飲みに行ってきまして、えぇ。

当然鼻たらしておしっこピーピー漏らしてたころから知ってるわけですから、懐かしさが加速してどうにかなっちまうんじゃねーかみたいなこと当然ありませんで、ほんと久しぶりに昔話に花咲かせて飲んでました。

3歳とかその辺から遊んだりしていまして、当然お互いの親とかも知っていまして、それが24になって一緒に酒飲んで仕事の話とか彼氏の愚痴とか聞くようになるとはお釈迦様でもわかるめぃって感じだったんですけど、その席で、お酒を飲みながら僕気づいたんです。

お酒のペースはそんなに速くなくてですね、普段はいの一番に日本酒頼んで飲みまくってる僕が終始ビールのみ、それをちまちまと飲んでいる程度だったんですけど、何つーんすかね、僕お酒弱くなってる気がしました。

あれなんですよ、久しぶりに幼馴染に会ったってのに僕「ふぁ~ぁ・・・*」ですからね。

当然連勤連勤で疲れていたということもあると思うんですけど、明らかに酔いとか回ったりしてるんです。

以前はそれこそ肝臓とか鋼鉄で出来ているのでは?と思われてもおかしくないほど浴びるほど飲んでも素面に近い状態だったんですけど、昨日とかビール数杯しか飲んでいないのにも関わらず帰るとき足元がおぼつかない感じでしたからね。

年、取ったのかなぁ・・・とかコンチネンタルなこと思っちゃいましたからね。

ヤベーヤベー。

まぁそんな感じで昨日は4時間弱くらい居酒屋に入り浸って思い出話等に盛り上がりまして、終電前に帰ることになりまして、新宿駅の手前まで送っていきまして、僕も帰路につきまして、家に帰りまして、速攻でトランクス1枚になって即就寝といった感じでした。

で、さっき起きて別にすることも友人Kみたいに花火の約束すっぽかした罰に今日夏休み客でおそらく身動きが取れないだろうという感じのディズニーランドに連れて行ってお願いと言われるような彼女もいないのでスゲータバコ吸いながら更新してる次第です。

そろそろ本気で寂しさに打ちひしがれてしまいそうなので、ここらで一発彼女でも作ろう!ご飯とか作ってもらおう!デートもしちゃおう!エッチも腰が抜けるくらいしよう!と熱くたぎるような思いに胸を躍らせてみまして、就職活動と同時進行で彼女もゲットヤッベ僕を中心に世界って回ってんじゃねーの?とかって都合の良すぎる勘違いしちゃうくらいなんか知らないけど頑張ってみようとか思いました。

そんなわけでまず手始めにこれからお肌のことを考えてスゲー寝ようと思います。

  1. 2006/08/02(水) 16:38:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

女子高生とオヤジ

「ねぇねぇ、うちにトランプあるからうちでトランプしない?」(友人Kの女性の口説き文句)僕です。


今日はいつもよりも若干家を早めに出まして、早い出勤とかして無駄にやる気をアピールしようと企んでいたんですけど、電車に乗って次の駅に着いたところで人身事故があったらしく、1時間くらい動かないとの事。

僕が使ってる電車は私鉄でして、しかも他に乗り換える事ができる電車がスゲー少ないもんですからこういうとき困るんですね。

移動手段ゼロです。

で、全然動かないんでなんか振り替え輸送みたいなのあるよとかって言ってたんでそっちにしようと思って行ったんですけど、スゲー列ができてるんです。

うっわマジかよ完璧遅刻じゃんとかって思いまして、バスが来るのを待っていまして、ようやく次で何とか乗れるかもといったところで「電車、発車しま~す」とか言ってんですよ。

慌てて電車に戻りましたよ。

そしたら扉閉まっちゃいましたよ。

乗れませんでしたよ。

しょうがないバスのほうに行くかと思って振り返るとまだ列スゲーあるんですよ。

その最後尾につかなきゃなんですよ。

仕方ないんで次の電車まで待ちましたよ。

そんな感じで僕のやる気とは反比例して遅刻とかしてしまったんですけど、そのおかげかなんか知りませんけど、僕の正面に座っていた女子3人組みが3人ともパンツ見えてました。

見えてましたってかあれはどう考えても僕に見せていたのだと思います。

間違いなく誘ってたねあれは。

で、うっかりベッドで汗でもかく?とか紳士に誘おうかと思いましたけれども、仕事行かないと生活できない事実を思い出したんで仕事行きましたよ。

仕事で汗かきましたよ。

てか電車の人身事故とかほぼ100パーセントお亡くなりになる感じじゃないですか?

事故なのか事件なのか、自分の意思なのかどうかは分かりませんけども、電車に飛び込むとかシュールな事は是非控えたほうがいいと思いますマジで。

痛いですよきっと。

で、救急車とか来て運んでいくと思うんですけど、今日とか救急車5台くらい見ましたからね。

多すぎ。

見るたびに「また1人傷つく人を守ってやれなかった」ってな感じで己の無力さを嘆いたりしちゃいますからね。


話し変わって昨日なんですけど、ちょっと用事がありまして仕事終わってから渋谷に行ったんです。

夏休みってこともあって夜7時を過ぎてもスゲー人が多かったんですけど、その中に明らかに撮影機材が入っていると思われるバッグと、その撮影機材を固定するために使用するのであろう三脚を手に持った40は軽く超えてる親父と夏休みなのになぜか制服着た女子高生が渋谷のホテル街に消えていきました。

別にね?僕がそんなのどうしろとかまずいんじゃないのとか注意するみたいな権限ないですけど、そんな撮影とかされてね?もし流出したとかなったらどうすんのかな?何もそんな事考えてないのかなとか考えてました。

性を売り物にし、またそれに食いつく大人がいることにこの国の危機を感じずにはいられません。

やっべなんか今日僕スゲー社会派ですねどうぞ惚れてください。

  1. 2006/08/01(火) 16:09:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。