NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

まじでか

20060929232303
玄関開けたらそこにはクワガタが!

この時期に大都会東京でなぜだ!?

いったい僕はどんなとんでもないとこに住んでるんだ!

でもなぜか嬉しかった。
スポンサーサイト
  1. 2006/09/29(金) 23:23:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

なんか全身痛い

恐らくムチウチなんですかね、首が左右両方共に回らなくて右を見るのにも体をわざわざ右に向けてからじゃないと右が見えません僕です。
左もまた同じ。


さて、体がいうことをきかないあまりに仕方なく負担のかからない方法であれこれ行動したりしてるんですけれども、普段使わない筋肉を使ったせいか恐ろしく筋肉痛という魔の手に蝕まれていまして、余計に僕の体の使えない部分が増えてとってもめんどくさいです。

そんな状態なのにもかかわらず仕事とかせっせかやりのけてしまう使命感の強い、たくましい、ワイルドでそれでいて心優しいライオンに子ウサギの心を持ち合わせた僕に女子の皆さんとか惚れればいいと思うんですけれども、体の節々痛いんで昨日とかシャワーじゃなくセレブに湯に浸かろうと思いまして、お風呂に入ったんです。

当然のように肩まで浸かることを小さい頃に教わった僕ですから、肩までお湯に浸かってたんですけれども、なにぶん我が家の風呂は銭湯みたいに大きなものではないんできつきつなんですね。

大の大人が1人入ればたちまちスペースはなくなり、ぴったりと型にはまってしまうわけですよ。

で、結構いい時間湯船に浸かりましてそろそろ出ようと腕に力を入れて起き上がろうとした瞬間に僕の腰がスゲー痛くなりまして、とたんに腕に力が入らず、浴槽から出られないハプニングにさいなまれまして危うく一晩湯船の中ですごしちゃうのかとか思いましたけれども、ゆっくりあわてず出てみたら意外とすんなり出れてしまいまして何を僕はあせっていたんだ、まったく、ヤキがまわったなとかって風呂上りにびしょ濡れ且つ生まれたままの姿で己のか弱さに嘆いたりしていまして、「あぁ、なんて僕は弱い生き物なんだ」と、もはや哲学としか思えない発想をめぐらせている僕に女子の皆さんとか惚れればいいと思います。


話し変わりまして、最近僕とか時間ん厳守でいつも同じ時間の電車に乗っているんですけれども、社会人なら当たり前の行為ですね。

で、当然朝もそこそこ早いんで結構電車とか込んでるわけですよ。

そうしますと当然隣の乗客と密着してしまうわけでして、そんなのがめんどくさく思う僕とか割と人がいない隅っこに逃げ込んでるんですよ。

で、僕の乗る隣の駅でも人がたくさん乗り込んでくるわけなんですけれども、毎日その駅で同じ時間に乗り込んでくる女子がいまして、その女子が決まって僕の隣に陣取っていまして、電車の揺れなのか故意になのかわかりませんけれども僕のむき出しの左手と闘志をその女子の右手が触れ合ったりしてます。

なんだこいつ、まったく、ちょっと触るなんて気持ちわりぃ、やめてくれねぇかななんて思ってその女子を一瞥とかするんですけれども、次の日も次の日もその女子は僕の隣で僕の左手にそっと触れます。

もしやこれは・・・、誘ってるのか?と、早くも行き過ぎた妄想が僕の脳内を占領しているんですけれども、ほかに理由が思いつかないんできっとそうに違いない!間違いない!僕に抱かれたいのか!と勝手に決め付けまして、次の日あたりに乗り込んできたら僕の熱視線でとろけさせてやろうと思いまして、ワクワクしながら電車に乗り込んだらその日とかその女子彼氏と乗り込んできてましたズコー。

もう!思わせぶりなんだから!

うっかり惚れるところでしたアブネーアブネー。


さて、もう少し今日は書いてしまおう!と意気込んでいたんですけれども、書いてる途中で事務所に置いてあるタッチをついつい読破してしまいまして、なんだか青春ていいなとかって思ってたら時間がなくなってきてしまったんで結局何が言いたかったのかわからない内容で終わりにしたいと思います。

まぁあれだ、みんなもっと僕のこと心配してってことだね、僕心配されたり褒められたりちやほやされたりするの超好き。

  1. 2006/09/29(金) 15:12:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

これが今流行ってるあれか

さてどうしましょうか、昨日更新しなかった事の言い訳をいきなりぶちまけようか、泣きながら謝罪でもしようか考えてたんですけれども、なんかめんどくさくなってきたのでスルーという大人の対応で通そうと思います僕です。


てかね、いきなりフォントとか弄くり倒してでかでか書き出してみたんですけれども、スゲー衝撃的な事書いていいですか?

マジびっくりするくらい面白いこと書いていいですか?

自分で面白いとか言うのって大概面白くないってのが基本なんですけれども、マジホントスゲー面白いんですって。

抱腹絶倒間違いないくらい面白いんですって。

あのですね、昨日なんですけれども、コンビニにタバコを買いに行ったらですね、なんと!僕ひき逃げされましたププウー!

ヤベー超オモシレーひき逃げとか。

なんつーんすか、シュール?って言えばいいんですかね?

マジウケる!マジ面白い!

まさか自分がひき逃げに会うなんて人生の中でありえないとか思ってましたからね。

面白すぎて軽く左足とかじゃっかんおかしなほうに曲がってます!

イヤー面白い、バカ。

てかなんかこうやって書くと軽く嘘っぽく聞こえるかもしれないんですけれども、マジです。

間違いなく昨日僕ひき逃げされました。

そしてまた完璧なまでの僕の飛び出しが原因なんですけれども、衝撃的なほど僕の体は宙を待ってですね、世間一般で言われるところのアスファルトなる物質の上に墜落したんですよ。

飛ばされた距離も軽く5メートルは越えてたっぽいです。

そんなはたから見てれば大事故間違いなしなんですけれども、なんていいますか、非常に書きずらいんですけれども、僕の体の98パーセントは無傷です。

残り2パーセントは軽めの擦り傷とかそんな感じです。

前々からアイアンマンとか僕のことだとしか思えなかったんですけれども、これで本当に僕がアイアンマンであることが立証されたように思います。

いやースゲーなぁ、僕の体ってスゲーなぁって思いながら今日とか普通に仕事来たんですね。

で、ちょいと自転車でお出かけしたんですけれども、またしても芸術的な僕の飛び出しで今度は自転車同士で衝突しました。

相手も飛び出しです、おいさんです。

で、ぶつかったことによっておいさんがバランスを崩したらしく、僕のほうに倒れてきました。

そのことによって僕もゆっくりと、極めてスローに僕も横たわってしまいます。

しかし慌てることはないのです。

車に数メートル跳ね飛ばされてもほぼ無傷だったアイアンマンこと僕ですから、どうにかなるはずがないのですとかって思ったら軽く腰が痛いです。

なんか出っ張りに腰を打ちつけたようです。

ですがこの程度の痛みなんてあってないようなもんだなとかって思ってお互いすいませーんとか平謝りして事務所に戻った瞬間に悪魔的な痛みが僕の腰を襲います。

ヤッベスゲーいてぇ。

しかもこんどはくるぶしも痛いです。

見てみました。

なんか軽く引くくらい腫れてました。

車にはねられても無傷で通せるのに自転車だとそうでもないとか理不尽な世の中です。

とりあえず今とかマジホントスゲーはんぱなく痛いんでだれか看病してください特に下半身。(女子だけに視線を送って)
  1. 2006/09/28(木) 16:03:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

要するに無職

貴女の悲しい顔を見たくないから、最後は裏切られるほうがいいかな、僕です。


今日から連休明けまして雨の中仕事してるんですけれども、とりあえず1時間前から5時まで暇なんで仕事サボってるなんてことはもうこの際取り立てて書くことではないですね。

てかあれなんすよ、今日仕事来てサラッと言われたんですけれども、なんか今僕が働いてるところが10月いっぱいで終わるらしくてですね、なんかそうすると僕11月からこの仕事しなくなるんですって、ビックリですね☆で済む話じゃないってのってかえー?マジで?

僕が休んでるときにそんな極秘会談が行われてたんですか?

しかも「そういうことだから、ねっ☆」ってそんなサラッと遠まわしな一斉解雇伝えるなよ!

なんかこう「まことに残念ながら、10月を持って事務所を閉めさせていただきます」とか涙ながらに社員やバイト含めた大勢の中でトップがワンワン泣き散らしてその涙に僕とか社員の人も「支店長ーー!」とか言って泣きながら抱き合ったりするんじゃねーの?

吉野家とか別に店なくならないで牛丼が供給できないだけで店長泣いてたのに?

そんなのないの?

まぁ別に決まったことはもうどうでもいいとして、とりあえず11月からどこで働くかとかまったく決まってないので完璧にお先真っ暗な僕なんですけれども、まぁちょうどいい機会ですから就活のほうに全力を注ごう!そう決意した朝でした。

てかぜんぜんやってなかったね、就活とか。

なんか先月の後半あたりに「9月には全力でやりますんで!」みたいに書いてあった気がしたんですけれども、あれとかたぶん僕のゴーストライターが勝手に書いたことですね、僕わかんない。

とかそんなことばっかり言ってるからなかなか動き出さないなんてのはうすうす気づいてるんで、これを機会に僕の動きが活発になると同時に焦りの表情、飢餓が予想されるので、情緒不安定のまま更新することが多くなると思いますが皆さんは気にしないで見たり僕に100万円とかくれたりすればいいと思います。

うん、なんかたまにはそういうことがあってもいい気がする。

僕とかまだ皆さんから100万円貰った事ないしね、たまにはいいと思う。

そんなわけで結構笑顔でふざけたこと書いてる場合じゃないんですけれども、今日とか同じバイトの人と「ヤベーどうする?」みたいに負のオーラ立ち込めながら人生に絶望しきっていたんですけれども、雨の中傘差しながらチャリンコ乗ってる女子高生のスカートが短くてうっかりバイトの人と目を見合わせてしまい、お互いなんとなく将来に希望が持てたような気がしました。

ちょっと短めですけれども、今日はこの暇な時間を使っていろいろと就職情報を探ってしまおうと思いふけっているのでこの辺で終わりにしたいと思います。


丹波哲郎さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

  1. 2006/09/26(火) 16:03:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

外人に縁があるらしい

高校生ドラフトスゲー気になります僕です。
うっかり僕とか呼ばれないかな。


おとといスゲー暇であぁたぶんこのまま暇が過ぎて僕は死んでしまうんだ、そうに決まってるんだという被害妄想に陥っていたんですけれども、友人Sさんとなんとか遊ぶことが出来まして助けられました。

で、昨日朝早くに起きてまた再び寝てみたんですけれども、次に起きたときになんか体とかスゲー重かったんですよね。

あれ、おかしいな、なんだか重力がいつも以上に僕の体にかかってる気がするとかって思ったんですけれども、単純に体調崩しただけでした。

あれっすよあれ、僕がたびたび見舞われる奇病、腹痛に嘔吐を混ぜ合わせた軽めの拷問みたいなヤツです。

あんちくしょうめが僕の体から体力とやる気と体重を奪っていきまして、昨日は寝たきりの生活をしていたんですけれども、これが仕事のある日じゃなくて休日だったんでほっとしました。(エリート顔で)

そんなわけで昨日とか更新できなかったんで、今日とかそれこそ張り切って申し訳なさとかもあるんで今とかウソですけど正座しながら更新しているわけなんですけれども、今日とか僕休み最終日なんで暇とかそんなことはこの際どうでもいい、出来るだけ休み倒してやろうと自然に目が覚めるまで寝てよう、そう思って昨日寝たんですよ、体調もあんまり良くなかったですからね。

そう思っていたんですけれども、なんか10時頃にチャイムが鳴りやがって起きちゃったんですよ。

なんだよこのやろうと、だいたい今日とか平日だってのに人がいると思ってるのかと、いましたけど。

明らかに1人仏頂面で出たらなんか女子の声でした。

ヤッベ今日僕デートの約束だった!とかって思いましたけれども、平日にデートに応じてくれる女子がいないことが判明、とりあえず話しを聞いたらなんか僕の住んでるマンションの2階に住んでるとかって人でした。

しかも喋りがカタコトってところを推測するにおそらく外人です。

インターホン越しでしゃべってたんですけれども、何言ってるかさっぱりわからねーってんでしょうがなく外に出てみたら、どうも韓国の方でして、しかも用件が「私の隣の隣の部屋の人が鍵なくして入れないらしい、助けて」との事。

まったくこいつは何を言ってやがるんだと、面識もなくしかも鍵なくしたとか僕じゃなくて鍵屋だろうこのやろう僕の睡眠を妨げやがってしばきたおすぞとかって全然思いませんで、なんか韓国の方なんですけどかわいい方だったんでコレは国際結婚のチャンスと思い、美女に国境はありませんからという思いを胸に秘めて「任せてくれよハニー」とばかりに2階に駆け上がってみたところ、1人のおばさんが荷物をそこら中に散らかして泣き喚いていました、フィリピン人でした。

いったい僕はなんてところに住んでいるんだろうとかって思いました。

韓国人の次はフィリピン人か、あれ?僕外人専用マンションに住んでるんだっけ?と思ってもおかしくないほどその場は外人密度が高くなっていましたマジで。

まぁ別にそんなことはどうでもいいとして、とりあえず鍵屋に電話しろ!と言っておいたんですけれども、日本語上手くないから出来ない、なんて陽気に返されまして、じゃあ日本語うまいヤツに頼めばいい!と言った瞬間、辺りを見渡したら韓国人1人とフィリピン人2人と日本人1人というアウェーに気付きまして、日本人が僕しかいなかったんでしょうがねー電話してやりました。

で、鍵屋に電話して料金とかその辺の事情を聞いてやりまして、なんか1万円くらいかかるってさって教えたんですけれども、なんか「ワタシ今お金1000円シカナイ、アァァァァhgんjd、kdgcdがbp@」lpvrt「¥;@「・v」みたいに後半は日本語のそれとは違う言葉でまくし立てられまして、まずい、なんかスゲーめんどくさいから今すぐ逃げ出そう!と逃亡を決意、ゆっくりと後ずさりを始めたらおばさんに腕を捕まれました。

「お金貸シテ」って言われました。

そりゃね?僕とか困ってる人をほって置けないナイスガイですけどね?見ず知らずの、しかも外人の、会ったばかりの人に万単位をぽんと貸すようなシャチョサンじゃないんでね?さすがに断ったんですけれどもね?瞬間的にスゲー泣き出してね?なんか呪文みたいな言葉で色々言われたんでね?金を貸す以外の方法を考えましてね?とりあえず友達の家に非難しれ!とだけ言っておきました。

その後はなんか「悪魔だ!」「鬼だ!」という感じのニュアンスなんだろうみたいな言葉で何故か助けに来た僕が罵られたりしたんで、管理会社に電話して「僕には手におえないんで管理会社のほうに任せます」と丸投げ、「もうじきここに神様が来るからね、神様、うんうん、そう、ゴッドだね、ゴッド、あー違う違うイエスじゃないよ、ゴッドのほう、なんかスーツ来たゴッドが来ると思うからね、その人ならこの建物の事なんでも知ってるからね、その人に事情を説明してね、うんうん、そうだね、だから涙拭いてね、分かった?大丈夫?うんそうだよ、ハイハイ、ハッスルハッスル!これでいい?だからもう泣かないの!」って感じでその場を後にしました。

1時間拘束されました。

部屋に戻りました。

さて、またしっかり寝ようかしらと布団に入りました。

目が冴えすぎて再び眠りに付くことは出来ませんでした、あのやろう。

そんなわけで今日とか休みなのにこの時間に更新してます。

再び暇です、死ぬ。

  1. 2006/09/25(月) 14:55:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

失敗か

いつでもどこでもかかって来い!僕です。


昨日は早々に登山中止を決定しまして、僕たちの決断力の速さと類まれなる判断力に酔いしれたりしてたんですけれども、さぁ今日はどうしよう、外とかドシャ降りだよねとかって思って友人トシヤの家から外を見たら超晴れてました。

何?台風とか来ないの?なんかここ20年で最強とかってテレビで謳ってたあいつは現れないの?僕たちの判断は間違ってたの?とかって思いましたけれども、なんか悲しくなりそうなんで「富士山とかはスゲー雨」という感じで自分のマインドをコントロールしてました。

そんなわけでせっかくの僕たちのパーティーも計画崩れになってしまったんで、今日とかすること無かったんですよ勿論。

しかしせっかく集まったわけですし、天気もいい事ですしどこかに行こうってなったんで、友人トシヤが車を購入しようと目論んでいることもあってとっとこの車に男3人乗って車やとか回りました。

2時間くらいかかる場所に有料道路に乗って行きまして、あれこれ車を色々見てたんですけれども、やっぱり見てると欲しくなるのとか当然じゃないですか?

自然の摂理じゃないですか?

ニュートンが万有引力を見つけるのと同じくらい当たり前なんですよ。

スゲー欲しいマジで車。

こんなのとかこんなのとか、この際こんなのでもいいから欲しいです。

とかって思いを巡らせていたんですけれども、あれこれ値段の話とかシビアな感じの話を聞いたらなんだか自然に泣けてきそうだったんで今のところはまだこんなのでいいです。

で、いろいろ見て回りまして見るところなくなったんでとりあえず都内を目指して、澁谷に着いたところで僕とトシヤは降ろしてもらって、とっとこはなんか彼女に尻に敷かれてる感じなんでそのままどっかに消えていきまして、トシヤと二人で渋谷から原宿辺りで買い物とかして帰ってきました。

そして今です。

明日と明後日も僕休みです。

明後日とか富士山登った後だから体中痛いのかなとかって思って休みにしたんですけれども、体とか何処も痛くないです。

予定もないです。

なのでだれか僕の事をスゲーかまってくださいこのままじゃ身投げしちゃう。

  1. 2006/09/23(土) 20:31:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お知らせ

台風14号とかって名前のどうもレッドリボン軍が関与してるとしか思えない悪意の接近によって早々に登山中止が決定されまして、今友人トシヤ宅で飲んでます。

トシヤはすでに寝ています。

なんでもテレビで「今度の台風はマジホントスゲーはんぱなくやばい、13号とか目じゃない」みたいなこと言ってたんで震えたりしてました。

なので富士山の想い出を明日以降に書こうと思ったんですけど、当然想い出がないので書けません。

ヘタレでスイマセンまだ崖から滑り落ちたくないです生にしがみついてたいです。

つーわけでまた明日か明後日には普通の更新とかしよーと思ってます。
  1. 2006/09/23(土) 00:17:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最高峰をやっつけます

先日僕が捨てた物の中から葉月里緒奈の写真集だけが何者かに持ち去られていました僕です。


いやぁ疲れた、今日で12連勤とかって場合によってはアバラの一つや二つ無事では済まないんじゃないかみたいなことやってたんですけど、それも今日で終わりまして、少々変則ではありますが明日から4連休に入らせていただきたいと思いますスゲーザマミロ。

連休って嬉しいですねまじで、明日とか早起きしなくてもいいんですよ。

で、ただ単に休んでたって面白くもなんともないじゃないですか?

だもんで土日にですね、ちょっとしたところ行こうと思ってるんですけれども、マジ皆とか驚かせようと思います。

僕が行くのはナント!富士山スゲー皆ビックリしてやんのとかって思いましたけれども数日前のコメントでヨユーでばれますね。

僕富士山をやっつけに行こうと思ってるんですよ。

友人トシヤ、友人とっとこと僕のいつものメンバーで行こうと企んでいるんですけれども、やっぱ日本人ですから富士山くらいは登っておかないとという僕のアイデアがそのまんま採用されまして、友人とっとこの車でぶっ飛ばして行こう!そして富士山をやっつけよう!という事になっています。

なっているんですが一つ気がかりなのが、つい先日台風が過ぎたばかりなのにも関わらずあのアホまた日本をいじめようと日に日に近づいてきてるらしいんですよ。

そうなるってーと天気の方が心配なんですけれども、ちょっと携帯で週間天気みたいなのを見てみたんですけれども、富士山付近とか週末スゲー雨のマークが晴れのマークを押しのけてるんすよ。

なんか降水確率も降るのか降らないんもかどっちかわからないとかのレベルじゃなくてスゲー高かったんですよ。

いくら富士山に登りたいって言ってもですね、ぶっちゃけ雨の中日本の最高峰を登ろうってほど登山に情熱はない訳ですよ、僕とかマジで。

晴れの日に気持ちよく登りたいんですよ。

完璧な素人なんですよ。

ジーンズで登ろうとしてるんですよ。

舐めきってるとしか思えないんですよ。

そんな僕達ですから、雨の日に山なんて登るわけないじゃないですか?

だもんでもしも雨が降ったら富士山は諦めてなんでも健康ランドに行くみたいです、楽しみ。

まぁでも滅多にフジヤマなんて登る機会はないんで晴れてほしいです、みたいなことを昨日考えてまして、一通り考えが終わってさてテレビでも見ようとかって思ってテレビ見てたんですけれども、昨日とかなぜかスゲーつまんなかったんでなんとか暇を潰せる何かが欲しいとか思ったんで衝動でプレステ2買いました、楽しいよ。

なのでこれから僕は主人公となってモンスターをバッサバッサとなぎ倒さないといけないんで今日とかこの辺で幕。

  1. 2006/09/21(木) 19:36:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

決まった

安倍さんにはもっとこの国を良くしてもらわねば。

麻生太郎を見るたびに時代劇の悪役を思い浮かべてしまうんですけれども、割とはまってると思います。

谷垣さんはどうでもいいです。

中川さんとかスゲーダンディーですね政治の話とかどうでもいいですかそうですか。

  1. 2006/09/20(水) 15:49:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ヤクザの女

僕もクーデターをしようと社員に反旗を翻し日ごろの不平不満を吐露しようと思ったんですけれども僕の後に誰も続いてこないで1人の暴走で幕を閉じました僕です。


なんかタイとかその辺で軍隊が動いてるんですって?

ウワーなんかかっこいいクーデターとか。

まず語呂がいいですよね、クーデターっていう。

日本とかもそんなのおこったりしないんですかね。

幕僚長とかが首相官邸を包囲したとか、議事堂は我々のものだ!とか、どうでもいいですか?そうですか。


おとといなんですけれども、友人トシヤとちょっくらテレフォンしてたんですね、外で。

まぁ僕もいろいろと忙しい大人なのであれこれ決めなければいけない事とかあったんでトシヤと話してたんですけれども、僕がハンサムすぎたのか、はたまた優しさがにじみ出てたのかわかりませんけれども1人の女性に話しかけられちゃいました僕。

なんていうのかな、いわゆる、逆ナン?声かけてもらう、ほう?逆ナン?なんかそんな感じのことかなとかって思いまして、まぁぶっちゃけ僕とか世界で50位とかにランキングされてるわけですから(何のランキングかは内緒)声かけられるなんて当たり前ですね。

もう日常茶飯事ですので慌てずに騒がずにそっと振り向いてやさしく頬に口づけしましたなんて事なるわけないだろこのクソババァが!

人が電話で話してるなんて見りゃわかるじゃねぇか!

そこを急にすいませんとか言い出して道がわからねぇから教えてくれだ?

別にそれはいいよ、道くらい教えるのなんか苦じゃねぇよ、困ってる人は助けるよ、初めて来た土地なんかはわからないことだらけだよ!

テメーこの土地に7年も住んでて道がわからねぇとはどういうことだ!

僕よりも長く住んでるじゃねぇか!

しかも酔っ払いやがって!

まぁいいよ、酒で酔っ払ってるから道がわからねぇとしようじゃねぇか!

ちゃんと道教えてやったよ、その場合「ありがとう」だろ普通!

「私やくざの女だから兄ちゃん変なこと考えんなや!」ってこりゃいったいどういうことだこのやろう!

しかも聞けば50歳とか抜かしやがってどこをどう間違えれば変な考えが思い浮かぶんだこの馬鹿ヤロー!

やさしく道を教えてしかも覚えが悪すぎるテメーのためにワザワザでかい道まで出て教えてやってなにそんな善良な一市民に脅しかけてるんだよ!

しかもそんなこと言った後で「兄ちゃんうちに来な!ジュースやるから!」って行けるわけねーだろそんなこと聞かされた後じゃ!

確かにおとといとか久しぶりに夜とか暑かったけどやくざに見つめられてジュースなんて飲んだら確かに涼しいけど涼しいのに汗とかかくっての!

「ハイよろこんで!みんなでジュース飲みまっしょおい!」とか言えねっての!

20分も電話中の僕に絡みやがって!

しかも説教なんかたれやがって!

「いいか兄ちゃん、人生いきったらあかんで!私みたいになってまう!」とかって何気にスゲー説得力あんだよテメー見てると!

まぁそんなわけで危うく家に連れて行かれて細切れにされてしまいそうなところをなんとか逃れたりしてました、危なかったよ。

  1. 2006/09/20(水) 15:38:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

とりあえず今仕事中なんですけど

12時にうっかり寝ちゃってついさっき起きました。

なんでも怒られるとか怒られないとか殺すの殺さないのとかって話になりそうなんで今日の夜更新できたらもう一回更新しようと思います。

なんとか生き残ろうと当方考えております。
  1. 2006/09/19(火) 16:07:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう家以外でクソしたくない

大幅に遅刻とかしちゃいました僕です。


ヤッベまた遅刻しちゃったよマジかよどうすんだよそろそろ本気でクビとかない話じゃないよやばいよおしっこちびっちゃうよとかって思いましたけど、別にあれこれ考えても僕が悪いんで考えるのやめて現実逃避でもしようと思っています。

さっきトイレに入りまして大きな便を体内から除去すべく力をこめて下半身丸出しでいたんですけれども、大体4割くらい出てもうチョイ出るかなって思ったときにあれ、トイレの下の隙間あるじゃないですか?なんかあそこからカサカサ動く黒っぽい茶色っぽい生き物が入ってきたんでなんだろうと思って見てみたらゴキブリが入り込んできました。

2匹。

ヤベー今とか僕トイレ以外でしたらいい具合に拘束されるような格好なおかつ全部できってない、さらには拭いていないという状況下で黒のダイヤに遭遇、あいつら間違いなく僕が身動きできない状況を狙っての襲撃です。

こう見えて僕とかゴキブリ大嫌いなんで、かわいく悲鳴でもあげようかと思ったんですけれども、みっともない上に今誰かにこられても僕が変質者側としか思われない格好なわけですから、悲鳴はなしの方向で。

そんなわけで打つ手なしの僕だったんですけど、このままじっとしてたらいつやつらが僕の方向に舵を取って襲い掛かってくるかわかりません。

何とかしなければとあれこれ考えてしばらく見つめあいの膠着状態が続いたんですけど、別にいい案が浮かばなかったんで予備のトイレットペーパーをとりあえず投げつけてみたら見事にゴキブリの撃退に成功、トイレットペーパーは下が濡れていたんで使い物にならなくなってしまいましたが僕のものじゃないんで気にしないです。

ゴキブリという災いを振り払えたという事実が重要なのです。

で、そんなわけで落ち着いて糞を出しまして僕の光り輝くビューティフルピーチことけつを備え付けのペーパーで拭こうとしたんですけど、なんかちょうど一回分ペーパーを巻き取ったらなくなっちゃいました。

なんだよめんどくせー予備は僕が取り付けるってことかよと思いながらしぶしぶとっかえようととしたときに水浸しのペィパーが僕の目に映りました。

あぁしまったそうだった、今しがたゴキブリとの死闘の末、アバラを2,3本いかれるのと引き換えに僕の必殺ゴッドハンマー(ペーパー投げ)で撃退した代償で水浸しだったんでした。

お尻ふけません。

トイレの床の水で濡れた紙でお尻を拭くくらいならまだ葉っぱのほうがましです、あっ、でも僕とか葉っぱで拭いたことはないですけどね?

知らないですけどね?

やばいです、何度かあるんですけどまたしてもトイレで遭難です。

フッ、しょうがない、ここは腹をくくってもうお尻とか拭かないで出ようkできるかー!

結局助けを呼んで紙を取ってもらいました。

トイレから出たらなんか周りの人がクスクス笑ってたきがするんですけど気のせいだと思います。

  1. 2006/09/18(月) 16:35:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

すごく満足だよ

書き出しで何を書こうが所詮は僕です。


昨日は夜バイトから帰ってきてから大掃除を派手に執り行いました。

ホントは一人でやろうと思ったんですけれども、今までがスゲー惨敗だったんで、昨日はとあるところに電話をかけまして「2000円欲しい?」という呪文を唱えて僕の右腕こと友人なっかを召喚して二人で掃除を開始です。

で、まずは僕の部屋に大量にあるものをバシバシ捨ててしまおうということで、ちょっと惜しいものも捨てるくらいがちょうどいいというスローガンのもといろんなものを引っ張り出してみました。

まずは写真とかプリクラとか、どうも過去の女の匂いがプンプンするものを発見、一瞬躊躇するも捨てます。

僕がどこかからかもらってきた鳥肌実のライブ告知のチラシ、捨てます。

一切使った形跡のないポラロイドカメラ、捨てます。

群馬でしか使えない各種カード類、切り刻んで捨てます。

一人暮らしなのにも関わらずありすぎるバスタオルの一部、捨てます。

穴が開いて着れなくなった服とか靴、捨てます。

火がつかないのになぜかとってあったライター、捨てます。

キュベレイ、捨てます。

ズゴッグ、ゴッグ、捨てます。

葉月りおなの写真集、捨てます。

古すぎる郵便物、捨てます。

買った意図をあのときの僕に聞きたくなるような蜘蛛が飛び跳ねるおもちゃ、捨てます。

僕宛じゃない手紙、捨てます。

思い出たっぷりのパンフレット、捨てます。

読まなくなった文庫本、捨てます、と思ったらなっかが「それくれ!」とのことなので投げつけます。

だいぶいろんなものを捨てまして、大きいゴミ袋が2つほど満杯になりまして、次にラックをばらして捨てたんですけど、なんかラックのところに透明なシート敷いてたんですね僕。

で、それって僕がこっちきてから一度も動かされることなくその場に腰を据えていたものなんですけど、はがしてみたら透明だったはずのあいつが焦げ茶色になってました。

全部タバコのヤニの仕業ですね、恐ろしい。

で、だいぶすっきりしてきたんで今度は買ったばかりの掃除機をかけるんですけど、僕とかそのときだいぶめんどくさくなってきてたんで、ここは僕の右腕にやらせます。

なんたって昨日は僕が雇用主でなっかが労働者なんですから、僕のあごがひとたび右に動けばやつは右に行かなければならないのです。

なので友人なっかに掃除機ですべてを吸い込ませようとしたんですけれども、僕の独裁振りに反旗を翻したのか、はたまたただ単に掃除ができない愚か者なのか、おそらく後者ですね、掃除機という文明の利器的なものを使っているにも関わらずそこら中にほこりや小さいごみの取りこぼしがあります。

見ない振りでもしようかと思ったんですけど、それじゃ掃除の意味がないと思ったんでなっかを殴り倒して掃除機を奪い僕が掃除機をかけたりしました。

あとは裏技を使用してたまりにたまってた洗濯物をやっつけたり、それらを乾燥機にかけにいったりしていまして、談笑したりしながら大体3時間ほどで掃除が終わりました。

結果としてはスゲーよくできたと思います。

ホントはなっかには「24年間培ってきたありとあらゆる知恵を絞って鬼のように黄ばんだ壁を僕の心のように真っ白にしれ!」という仕事を与えたんですけど、「無理だよ・・・。」と力なく言われてしまったんで、じゃあしょうがないと、そこは僕も大人だと、なっかにぴったりな場所を綺麗にしてもらおうと立ち上がってトイレのドアを開けたら泣きだしてしまったのでトイレとか浴室は後日僕一人でやることになってしまいました。

でもなんかあれですね、きれいになっていくのってなんかいいですね実際。

すごく新鮮な気持ちだなとかって思いまして、なっかにとりあえずバイト代2000円を渡してなっかを追い出し、一人できれいになった部屋の空気でも吸って浸ろうと思って部屋に入ったら目玉が飛び出そうなほどタバコ臭くて、掃除しても空気は綺麗にならないんだということに絶望していっそのこと自殺でもしてやろうと思ったんですけど、ここ4日くらいクソしてないんで何も汚物を体内に溜め込んだまま棺に入らなくてもいいなとかって思いましてもう少し心臓の鼓動を感じていようと思います。

  1. 2006/09/17(日) 13:50:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ヤッベ

今マジスゲー鬼掃除してます。

まさかこれほどまでにゴミがあろうとは!
  1. 2006/09/16(土) 22:48:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つい今さっき事故った

たばこを一気に2箱買おうと思ったんですけど、禁煙に向けてそれじゃいけないという思いと、節約を心がけなければという主婦丸出しの考えから自販機にてタバコを1箱だけ買ってお釣り忘れましたウワアアアアアア僕です。


今日電車の中でギャル男みたいなやつとスーツを着たサラリーマンが終始無言でにらみ合っていました。

そんだけ目と目を見合わせているのに言葉ひとつ発しないあたり、見つめると言葉が出てこない初々しいカップルみたいだなと勝手に思ってたんですけど、スーツのやつがわざわざ顔だけ後ろを振り返ってにらんでいて、僕はその隣にいたんですけど劇的に口が臭かったんで僕がスーツをにらめつけたりしてました。

いわゆる三角関係ってやつですね俗に言う。

で、なんとか口臭地獄から解放されて事務所に向かったんですけど、ビルの入り口ののドアを開けて中に進入したら中からおじいさんが歩いてきまして、心優しい紳士で通ってる僕ですからおじいさんの為にドアを開けて支えていたんですけど、そのおじいさん、僕のほうに歩み寄ってこないでそのまま真っ直ぐいってガラス張りの壁に激突とかしてました。

「こっちじゃなかった。」という言葉が胸を打ちますね。

そんな朝からハイセンスなボケをかまされて己のセンスのなさに落胆してみたりにらみ合いに途中参戦してみたりと大忙しな幕開けだなと思いまして、こりゃ今日とか何かあるに違いねぇと思ったんですけど、別に大量に仕事頼まれるわけでもなくちょっくら自転車でお使いを頼まれたぐらいでした。

なんだ、杞憂かと、まったく僕は何を気張っていやがるんだと思いましてアホ面でチャリンコこいでたら原付に撥ねられましたぎゃあああああああああぁぁぁぁぁぁ・・・・・・無傷!

怪我とか一切しなかったです僕。

まぁ原付の前輪が自転車の後輪にぶつかっただけだったんで、倒れたりとかしたらそりゃ怪我もすると思いますけど、僕とか当然バランス感覚とか一般人のそれとは違って超人的なものとか持ってるに決まってるじゃないですか?

だもんで余裕でバランスを立て直して転ばなかったんですね僕。

で、普通なら僕とか怒るところなんですけど、誰がどう見ても僕が飛び出ししたんですよ、信号とかなかったんですけど僕が走ってた側の道路が止まれの標識あったんで、まぁ確かに原付も明らかに30キロとは到底思えないスピードで爆走してたんですけど、僕のほうがなんだか申し訳ない気がしちゃったんで、しかも無傷ですし。

なんでいちいち原付のやつと話したりとかもいやなんで逃げました。

追ってきました原付。

ヤベーあいつもしや僕にとどめさす気じゃねぇだろうなとかって思ってさらに逃げたんですけど、性能の限界を感じたんであきらめて止まって、なんか知らないけどお互い「すいませんでした」の言い合いで終わりました。

で、チャリのほうなんですけど、たいして壊れたようにも見えないんでこのことは社員の人とかには黙ってようと思います。

今後チャリ壊れたら僕のせいになるのとかすごい嫌なんで。


さて、こんなどうでもいい話はこの辺でやめておきまして、僕の友人とっとこが車を購入したこととか何回か書いたと思うんですけど、それに続いて友人トシヤもただいま真剣に車の購入を検討しています。

で、もし友人トシヤが車を購入したとすると、3人の中で僕だけ金なしアシなし女なしのエコ三拍子とかそろってしまいますヤベー。

これはまずいです。

大人としてどう考えても完璧に出遅れています。

ということなので僕も手に入れようと検討していたんですけど、近所に住む友人なっかが就職の関係で来年度から我等の地元であるところの群馬県に帰郷が決定したので、そのときにやつの愛車、真っ赤なボディが魅惑的な事でお馴染みのママチャリをもらうことになりました。

なんでそれまではしばらく徒歩でいようと思います。

  1. 2006/09/15(金) 16:38:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

聞いた話ですよ

うどん料理のレパートリーが増えたよ、僕です。


今日は僕の友達の友達の話を書こうと思います。

その友達の友達、仮にここではTとしときましょうか、そのTってやつがなんか最近ダイエットに乗り出したらしいんですよ。

男なのにダイエットとか女々しいとか思いましたけれども、なんでも体を鍛えるためでもあるとかで、すごい運動してるらしいんですね。

どんな運動かというと、ただ単純に走り回るといった感じの誰でもできちゃう運動なんですけど、大体1時間くらい走ってるそうなんですよ。

食事もなんか特定の麺類しか食べてないらしくて結構本格的で。

でね、走るときの格好なんですけど、なんかサウナスーツみたいなやつを上下着てからさらにその上にジャージを着込んで、さらにさらに上半身だけフード付きのウィンドブレーカーみたいなの着てるんですって。

で、そのフードをかぶってさらに口元にはマスクをして、手も軍手で隠すスタイルで走り回ってるらしいんですよ。

結構そんな格好で走ってたら怪しいやつ丸出しじゃないですか?

なんで、人があまりいない時間帯、つまり深夜に走ってるらしいんですけど、なんか深夜に走ってるとか考えたら余計怪しいですよね、まぁ別に僕とは関係ないんでどうでもいいですけどね☆

で、そんな感じで結構本格的に走り回ってるらしいんですけど、なんかそいつ、Tってお腹があまり強い子じゃないらしくて、結構高確率で頻繁にお腹をくだすことがあるらしいんですよ。

お腹くだすとか結構時間を選んで痛くなってくれるわけないじゃないですか?

だもんでもしも走ってるとき、さらにトイレが近くにないとき用に最初のころはポケットティッシュを持ってたらしいんですけど、しばらく走ってても別に腹痛に見舞われることなんてなかったらしいんで持ち歩くのやめたんですって。

それからしばらくしてまだTは走ってたらしいんですけど、ある日、走り始めてからだいぶ距離が来たところで急に腹痛に見舞われたらしいんですよ。

やばい!そう思ったらしいんですけど、幸いすぐ目の前にコンビニがあったらしいんでコンビニでトイレ借りようとしたらしいんですけど、入る直前に自分の格好が結構まずいことになってるって思い出したんですね。

なんたって露出がもの部分しか出てなかったらしいですから、見ようによっては強盗と間違えられてめんどくさいことになりかねんと思ったらしいんですよ。

普段Tってやつ、普通にしててもよく職質とかあうらしいんでめんどくさいのとかすごい嫌なんですって。

そうなるとコンビニでトイレ借りることをあきらめるしかないんですけど、毎日走ってるコースですから近くにトイレのある公園が存在することをTは知ってたらしいんで、なんとか内股でそこを目指したらしいんですよ。

どう考えても距離的に自分ちに帰るよりかはその公園が近いらしかたのでそっちに向かったんですって。

で、なんとか出そうなものを出さずに公園にたどり着いてトイレに入ったらしいんですけど、なんて言うかな、そのトイレ、すごい汚かったらしいんですよ、ほんとに半端ないくらい、死んだほうがましって思っちゃうくらい。

いろいろなところに飛び散ってたらしくて、もらさなかったとしても誰のものかもわからないうんこを踏むんでしまうことは確実だったらしいんです。

なのでそいつ、Tはそこでうんこすることをあきらめたらしいんですけど、Tには時間がありません。

悠長にどうしようなどと考えていれば、すかさずそいつの臀部は液体に染め抜かれて泣き崩れることは必死。

かといってトイレではできない、近くにトイレもない、今いるところは公園。

野グソしかないでしょう!って思ったらしいんですね。

そのTってやつ偶然にも僕と同じ年の24歳だそうなんですけど、まさか24にもなって野外で脱糞するとは夢にも思わなかったらしいんです。

でもまぁもらすよりかはましかと思ってしたらしいんです。

で、ゆっくりと、しかし急いで茂みの奥へと行って、なんとかもらさずに事なきをえて、さてティッシュで拭こうとポケットに手を当てた瞬間にそういえばもうティッシュは持ち歩いていないことを思い出したんですって。

てゆーか忘れてるとかそっちのほうが問題だと思うんですけど、極限の状態になるとそんなこと考えられなくなるんですかね?僕にはわかりませんけど。

で、Tはもちろんあせったらしいんですよ、そりゃそうですよね、なんたってケツふけないんですから。

意味ないって話ですよね、拭けなかったら結局は漏らしたと一緒ですからね。

でも漏らしたとかそういうことは絶対に許せなかったんですって、なんたって24の大人なんですから意地でもそれは嫌だと思ったらしいんです。

でもティッシュはないじゃないですか、トイレも離れてるじゃないですか、今いるところは茂みの中じゃないですか。

葉っぱしかないだろう!ってことで泣く泣く葉っぱで優しく患部を拭い去ったらしいですそいつ。

まさか24で野グソして、しかもその後処理を葉っぱで済ませるなんて事おきるはずもないと思ってたらしいんですけど、実際現実で起きてしまいましたし、これはこの上ない屈辱だと、汚点だと、汚物の残りかすを拭きながら思ったらしいんですよ。

このことは絶対に口外はできない、もしうっかり誰かにしゃべってしまったらその聞いたやつを殺さなければならないと思ったんですって。

で、そんなことすっかり忘れたある日、そのTってやつと仲のいい友人二人、その二人もTって言うんですけど、3人で遊んだらしいんですね。

で、なんか夕飯一緒に食べた後にT、野グソしたTですけど、そいつがションベンしたくなったらしくて、でももう店出ちゃったんで仕方なく物陰に隠れてチョロチョロしてたらしいんです。

それもどうかと思いますし、そもそもその行為は軽ナンタラ法とか危ないんじゃないかと思いますけど、もちろん僕には関係ないんでどうでもいいですね。

で、垂れ流してるときにそいつはこないだ野グソしたことをぼんやり思い出したんですって。

で、用事が済んでみんなのところに帰ったときにはそいつ、そのことを言いたくて言いたくて仕方なくなったらしいんですよ。

あれほど言えないと思ってたのにマジアホとしか言いようがないんですけど、面白ければいいやと思って言っちゃったらしいんです。

結局馬鹿にされたらしいんですけど、そこそこ笑ってくれたのでまぁいいかと思ったらしいですそいつ。

それが僕と同じ24歳なんだと思うとそいつの人間性を疑いたくなっちゃいますね、絶対彼女とかいないと思います。


まぁそんなわけで今日とか僕の友達の友達の話を書いてみたんですけど、話によるとそいつ、その後にもう一回やばくなって野グソしたらしいです。

そのときは葉っぱじゃなくて何かの紙で拭いたらしいですマジこいつスゲーバカ。

まぁ僕とはまったく関係ないんで別にいいですけどね。

じゃあ今日はこの辺で終わりにしようと思います。


今の思い
世の中にはアホな人がいるんですね(泣きながら)


  1. 2006/09/14(木) 16:31:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

明日ね、うん、明日

朝勃ち!(得意気な顔で)僕です。


昨日からなんだか天気も悪いみたいで、しかも気温もいきなりガクンと落ちてスゲー寒くなりましたね。

これから徐々に寒くなっていくと思いますけれども、まさか彼女がいない状態で2年目の冬を迎えるんじゃねーかと思うと今から膝の震えが止まりません、ヤベェ。

さて、そんなわけで年中彼女募集中な私タケチこと僕(24歳)(モテ願望過多)なのですが、今日とか書くこととかねぇんだわビックリしちゃった。

  1. 2006/09/13(水) 16:19:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

選べねーよ

寝る前に確かに1匹だけ僕の部屋の中をとんでいる蚊を確認はしたんですけれども、朝起きてみたら体を20箇所近く刺されてました僕です。
やりすぎだろ!


今日も今日とてお仕事なので電車に揺られながらうつろな目をして事務所に行ったんですね。

で、時間になりましてさて仕事でもしようかと思ったわけなんですけれども、なんか面白い顔をした女子の派遣社員のかた(推定45歳)(しかし断定)と、僕たちバイトを一応取り仕切っている男子社員(30歳)が結構スゲー勢いで口論してました。

ウワー朝からなんてうっとおしいんだと思いまして、我関せずでうつむいて知らん振りをしていたところ、女子の人がその男子社員の人に物凄い罵声を浴びせかけまして、「大体ね、私は前からずっと思ってたのよ!みんな感じてるに決まってるじゃない!ねぇタケチくん!?」て言われました。


ウワー超困った僕。

なんでか知りませんけれどもいきなり同意を求められました僕。

ぶっちゃけ僕は口論していた2人どちらともそこそこ仲が良くてですね、たまに2人からお互いの小言を言われたりすることがあったにはあったんですけれども、なんかめんどくせーってのと別に僕はどちらの味方でもないんで「わかんないっす!僕にはわかんないっす!」という貴族丸出しの言葉で逃げ続けていたんですけれども、よりにもよってこう来るとわ!

そのセリフと共に女子はスゲー僕の事を見ていますってゆーかにらみ続けてます。

男子社員もそれにつられて僕を見ています。

マジどうしよう、この場合どちら側につけばいいんだろう。

例えば僕が女子側についたとして、「そうっす!僕も前から思ってたっす!当然っす!」って言ったとしましょう。

そうすると僕が苦労して築き上げてきたその男子社員との信頼は一瞬で泡と消え、さらにはその男子社員はバイトを首にできる権限も持ち合わせているので僕の首が飛ぶ事になるかもしれません。

それはまずい、こりゃ派遣社員なんかより正社員側についたほうが吉って思って男子社員側について「それは言いすぎっす!てか僕そんな事思った事ないですしスゲー満足してっるっす!この人は最高っす!」って言おう、そうしよう!そうすればもしかしたらなんか知らないけど僕の評価も上がるんじゃねーかとか腹黒い事考えたりしたんですけれども、この事は内緒です。

で、そう決めて言おうとしたとき、この派遣社員の人の女子社員(派遣社員含む)の中における発言力を思い出しました。

なんかこの人スゲー長いんで、女子の中でスゲー権限があるみたいな感じなんすよ。

で、もし僕が男子社員側についたら今日、もしくは明日には「あいつ超ムカつく!あのバイトのあいつタケチ!私の味方とかしてくれないんだよ超ムカつくんですけど!いい?もうアイツと口利いちゃ駄目だかんね!もしアイツと口利いたりしたら、わかってるわよね?」みたいな会議が開かれるに決まってます。

そうなると僕が今までスゲー楽しんで行ってきた言葉によるセクシャルハラスメントは勿論、視姦すらできなくなってしまううえに通りすぎるときとかすねをつま先でトォキックとかされたり僕が触った物の端っこをつままれたり鼻をつまみながら通り過ぎるとかってなるに決まってます。

こいつは困った、すっごく困った。

これはどちらにもつけない、しかし2人は僕の発言を待っている、ヤバイ、泣きそうだ、とかって思ってたら遠くから見ていたさらに偉い人が来て、2人を怒ってくれました。

一瞬「あぁ、抱かれてもいい。」と思った事は言うまでもないですね。

その後は何の障害も無く今日も無事に1日仕事をサボる事が出来ました。

  1. 2006/09/12(火) 19:58:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

またね

とりあえず今日とか死んでるっぽいんでまた明日。
  1. 2006/09/11(月) 19:33:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

とりあえず

今現在目を開けていることがすごく困難な状況です僕です。


こないだ皆さんに教えていただいたうどん料理の中から一つ作ってみようと思いまして、意外とサクサク作れてしまいそうな気に僕をさせてくれた魅惑的な料理、焼きうどんを作ってみました。

作り方とか特に知らなかったんですけれども、そこは僕も大人です、あれこれして調べる利器なんて部屋の中や本屋や道端に転がってるもんですからそれらを応用して作り方を調べましたってことはまったくなくて、僕の類まれなるインスピレーションにしたがって作ってみました。

で、なんとかかんとか見栄えが焼きうどんのそれになってきたので火をとめてお皿に移して焼きうどん(具なし)の完成です。

初めて作ったわけですからそれはもう不安と緊張でいっぱいな顔とか一切しないであっさりと食べ始めたわけなんですけれども、一口食べてみたところなんとすごくおいしくてたまらない味でした。

これは僕に料理の才が眠っているのでは?もしそうだとしたらその才能をこのまま眠らせたままでいいのだろうか?いや、いいはずなんてあるわけない、自分の才能に気づかない人が五万といる中、僕は幸運にも自分の秘められた才能に気づくことができたじゃないか!

こうしてはいられない、早速日本初の焼きうどん専門店(知らないけど)を開店しなければと思い、まずは何が必要なのか考えたところ、どう考えても調理師免許が必要だろうと思いなんとかコネで3日で取れる方法を模索したんですけれども当然のように無理でして、ならってんで僕がオーナーになって誰かが作ればいいんだ、味付けとかは僕が血のにじむような練習で伝授しよう、さてどうするか、まずは金だな、開店資金が必要だと思いどこかにしまいこんでいた通帳を開いてみたら涙が自然と出てきてしまうほど劇的になくて、これは店出すとか云々の前に僕が死んでしまう事実を悟って仕方なく自分の才能はこのまま埋もれたままに、気づかなかったことにしてしまおうと思いましてサッサと焼きうどんを食べようと2口目を口に運んだんですけど、あれな、別に普通の焼きうどんな、取り立ててびっくりするようなこともない感じでしたズコー。

まぁそんなわけで、それでもおいしかったから別にいいのです。

うどん料理のレパートリーが増えただけでも大満足なのです僕。

さて、そんな僕の食の事情なんてこの辺でおいときまして、今現在仕事中なんですけれども、驚くほど眠くてかないません。

昨日掃除しようと思って早くに起きようとしたんですけれども、目が覚めて時計を見たら午後5時でした。

ハハッ、なんだこの時間はと、まったく、悪い冗談だなと現実に目を背けて一人妄想や空想の世界に逃げ込もうとしたんですけれども、さすがにそこまでしてしまいますとってゆーかしなくてもなんですけれども僕のせっかくの休日クソじゃないかと思って残された時間を満喫しようと思って溜まりに溜まってた洗濯物を一気にぶち込んで洗濯してやりました。

で、買ったばかりの掃除機をブイィィイィィとかけまして、布団圧縮のやつであまった布団を圧縮したら思ったより圧縮しない事実にへこんだりしてました、悲しかったよ。

で、まぁ一応掃除とかは思ったよりも進んだんで別にいいんですけれども、夜中にさて寝ようかしらと思って布団に入ったんですけれどもなかなか寝付けませんでした。

なのであまりにも暇だったんで一人で含み笑いの練習をしたり流し目の練習をしたりしてようやく眠気が襲ってきたのが朝の5時半過ぎでした。

ということは僕は1時間半しか寝ないで今仕事をしている、実際にはサボっているんですけれども、まぁそういうことになりまさぁね。

なので今とか激眠いです。

驚くほど眠いです。

どれくらい眠いかというと、後1時間で練馬から渋谷に行けばかわいい女の子になぜかモテモテになるというような不思議な設定の状況であぁあとちょっとで渋谷だなってところで「僕眠いからここで寝ちゃう」っていって代々木で急に寝ちゃうくらい眠いんです。

なので残りの時間は寝てしまうのです。

これはもう社員さんだろうが神様だろうがどうしようもないことなのです。

一人切なさを感じながら寝てしまうのです。

本当は貴方の愛に包まれながら眠りたいのですけれども、一人で泣きながら寝てしまうのですグー。

人気ブログランキングへ



  1. 2006/09/10(日) 16:13:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

バトンやってみた

飲んだら乗るな、乗るなら女、僕です。


昨日は仕事終わってから渋谷に行きまして、友人トシヤと友人とっとこと落ち合って飯を食いに行きました。

友人とっとこが車を購入したという未確認ガセ情報ですが、どうやらほんとのようで昨日はその購入した車で来てました。

凄く羨ましかったです。

で、渋谷から目黒に移動して飯を食べ、その後代官山のいい感じのお店に入ってお茶をしました。

これだけ書いて気付いた方は気付いたと思いますけれども、この行動から考えるとどうしてもセレブ、もしくは金があるのでは?という事を安易に想像できてしまうと思いますけれども、仕方ないですね。

さて、そんな上流階級な僕なんですけれども、今日はふらり。さんから回ってきたバトンをやってしまおうと思います。

題して!バトン!

今回は好き嫌いバトンだそうです。

先に言っておきますけれども、僕はパンチラとか大好きです、あと皆さんの事が大好きです。

じゃあやってみようと思います。


1.食べ物
好き:寿司とかから揚げ。寿司って知ってます?あの小渕とか小泉が食べてるヤツです。あとは勿論貴女も好きです。

嫌い:ひじきとしいたけ。ひじきとかどっからどう見ても申し訳ないですけれどもゴミにしか見えません。あとしいたけ初めて食べた人とか尊敬します、勇敢すぎ。

2.飲み物
好き:ウーロン茶

嫌い:アルコールの入っていない炭酸水。あとは甘い飲み物全般。

3.場所(土地)
好き:群馬県、の僕の実家付近。

嫌い:寒すぎるところ。

4.歌のジャンル
好き:スカ、最近は周りの影響もあってレゲェとかそこら辺も好き。

嫌い:特にねーんじゃねーかな、J-pop。

5.テレビのジャンル
好き:報道番組、深夜にやってるNHKの魅惑的な番組たち。

嫌い:競馬・競輪・競艇の番組、主にテレビ埼玉をつけるとよくやってますね。

6.本のジャンル
好き:小説とか結構何でも読みます。許されるならたまにエロ本。

嫌い:芸能人が書いた中途半端なやつは嫌い。しっかりしてるヤツなら好きです。

7.アルファベット
好き:S!(得意な顔で)あとM、の人。Zとかカッコイイ!

嫌い:W!あんまつかわなそうなんで。

8.数字
好き:オトコならだれでも1が好きに決まってます!あと5.なんでかはヒミツ。

嫌い:6。オーメン怖い。

9.言葉
好き:もう自分が自分じゃなくなっちゃいそうだった(はぁと)。あくまでも願望です。

嫌い:へー、あっそう。

10.言語
好き:特にないと思います。

嫌い:特にないと思います。

11.スポーツ
好き:スポーツマンで知られている僕に好きなスポーツを聞くなんて愚問ですな!

嫌い:スポーツマンで知られている僕に嫌いなスポーツを聞くなんて愚問ですな!

12.屋内遊戯
好き:一人でじゃんけん、ベッドの上を行ったり来たり、見えない敵と戦う。

嫌い:そんな自分に気付いた時の今までやってた行為。

13.コンビニ
好き:ファミマ。近いんで。

嫌い:AMPM。近くにないんで。

14.食事所/喫茶店
好き:ホントは銀座の寿司屋とか言いたいんですけれども好感度の事を考えると松屋とか吉野家とか言ったほうがいいんでしょ?だからそれら。でもホントは銀座とかにある寿司屋とかホテル最上階にあるイタリアンなお店なんですけどね、この事は内緒です、シーですシー。

嫌い:あんまりないと思います。

15.遊園地アトラクション
好き:激しいものが好き。

嫌い:激しくないものは嫌いですけれども、貴女と乗るなら全てが好きになってしまいそうだ。

16.同性(内面)のタイプ
好き:おもしれー気の合うやつら。主に僕の周りにいる人物全員。

嫌い:調子こいてるやつ。何となくうそ臭い雰囲気のやつ。

17.同性(外面)のタイプ
好き:どんな感じでもまぁタブン大丈夫。

嫌い:でもギャル男とか嫌い。あと調子に乗ってるのがにじみ出てる感じのやつ。要するにギャル男ですね。周りにはいないんで。

18.異性(内面)のタイプ
好き:おもしれーやつ。さばさばしてたり、そしてドM。

嫌い:調子に乗ってるやつ。自分を客観視できないヤツ。

19.異性(外面)のタイプ
好き:そりゃあカワイイに越した事はないですけれども、貴女みたいな人が勿論僕は好きです!(貴女の目を見つめながら)

嫌い:超デブで尚且つそれを自覚もせずに「どうしようなんか最近太りそうなんだよねぇ」ってオイオイあんたもう太ってますよ?手遅れですよ?気付いてもいいと思いますよ?ってツッコミが必要なやつ。

20.芸能人
好き:黒木瞳、浅野忠信。

嫌い:なんチャラの神様ってのに出ている中の全く面白くないのになぜか出続けてる一発屋みたいなヤツ。あとは討論番組にたまに出て上から目線でしか物を言えないバカな貴婦人みたいな役者。あとは細木数子もあんまし好きじゃねーなぁー。

21.自分
好き:全身何から何まで好きに決まってるじゃないですか。災害が起こったら間違いなく一番守りたいものです今の所。

嫌い:でも何か挙げるとすればやる気がなさすぎる所とか、優しすぎて困ってます。(貴女に笑いかけながら)

22.動物
好き:猫とか。あとは布団の上での獣のような貴女!

嫌い:虫って動物って言わないんですかね?

23.学問
好き:歴史・倫理・政治経済。

嫌い:数字とか記号がいっぱいあるやつ。あれなんてーの?知らねー知らねー。

24.服装
好き:楽な格好。尚且つ恥ずかしくない格好。勿論貴女と布団の中に入るときは何も着ないですけれども。(貴女に届けこの思い【キモチ】)

嫌い:ギャル男みたいな格好。何がいいのかさっぱりわからねー。

26.物体
好き:障ってたり掴んでたりすると心が落ち着くものそうそれは当然おっぱい!

嫌い:先っちょのとんがってる先端恐怖症の僕の天敵たち。

27.天気
好き:晴れに越した事はねーな。

嫌い:ハッキリしない日。雨が降るならしっかり降りやがれ!と思うよ。

28.回す人
僕のことが好きな人とか「私、今回タケチさんの色々なこと聞けて嬉しい。今度は私の色々なこと聞いて、それでさらには普段は見れないようなところも見て欲しいな・・・、ベッドの上で・・・。キャッ、私ったら何を言ってるんだろう参った超ドM!」みたいに思った人は持っていってくれていいと思います。勿論男子も可。

そんなわけで今日はバトンをやってみたんですけれども、これでまた僕の事を皆さんが知れて嬉しく思ってる事は間違いないと思うので満足です。

そんなわけで今日はこの辺で!

人気ブログランキングへ

もうちょいお願いしまーす!

  1. 2006/09/09(土) 22:04:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

時間に追われるのはエリートの宿命ですね

別に今答えが聞きたいとかじゃないんだ!僕です。


明日は休みなんで休み前に一発仕事でも軽く右腕だけでこなしてサボり倒そうと思いまして、社員に見つからないようにこっそりと事務所を抜け出してエレベーターに乗ろうとしたら到着したエレベーターから空気の読めない社員が降りてきやがりましたのであえなく見つかってしまいさらにはどっさりと仕事を頼まれてしまったので今日は時間が僕のやる気ぐらいありませんまいった。


こないだあんまり話したことのない社員さんの中でも格が上の社員さん、なんか宴会の席で言うと上座みたいになってるところのデスクに座ってる人の財布をたまたま拾いまして、こりゃあいいとネコババでもしてやろうかと思ったんですけれども別にこの人とは仲良くないですし怨みや嫉みもないので素直に届けてあげました。

そのときからなんですけれども、僕がその偉い社員さんの隣を通るたびに「これでジュースでも飲んでよ」とか「タバコ吸うよね?これで自分のタバコ買っちゃいなよ」などと言っては僕に500円未満の小銭を与えてくれます。

たかだか財布を拾って同じ職場にて働いている人の所に渡しに行っただけなのにとても気に入られてしまいまして、もらった小銭の合計も軽く3000円は越しているんじゃないのかという事態に陥っています。

なにか裏でもあるのでしょうか、いや、僕は親切をしたのです、それのお礼のはずなのです、しかし事あるごとに現金を渡してくるなんて、いや、まてよ、まさかあの社員僕の肛門でも狙っているのでは!?

イヤイヤイヤイヤそれはねーな、あいつ年の割にはイケメンだし、たまにオネエ語みたいなの聞こえたりするけれども気のせいだな。

でもどうしよう、もしもあいつが僕の肛門を狙ってるとしたら僕はどうしたらいいんでしょう。

立場上僕の首なんていとも簡単に吹き飛ばす権限を持ち合わせている上に僕は今のところある程度の金銭(合計3000円くらい)を受け取ってしまっています。

ここで「なぁ、今日ちょっと一緒に食事でも・・・?」なんて誘われたらどうしよう、僕が悩んでるときに「時間あるんでしょ?行こうよ!」って言われた時にうっかり手に握り締めていたスイートルームの鍵とかがチャラン!とかいって落ちてきたらどうしよう。

こういうときは見て見ぬ振りして丁重に断るのが正解なんですかね。

「イヤイヤ、僕みたいな愚弄者めはあなた様と食事をご一緒するにはまだ未熟者過ぎます」みたいな?

それともここは覚悟を決めてしまわなければいけないのでしょうか。

うーん、とても難しい、これ以上ないくらいの難問にぶち当たってしまいました。

みたいな事を考えながら仕事してたもんですからスゲー仕事すすまねーの。

違う社員に怒られちまいましたマジスゲーばか。

なんだかんだで今日もスゲーサボりながら仕事が終わっていきそうです。

まじめに働いている方々、ご苦労様です、働く気のない親のすねが大好物なやつら、こういう仕事を探せ!


今日ホントはふらり。さんからバトンを頂きましたのでそちらをやろうと思ったんですけれども、時間がないというのは実は本当で今後15分しかないんです。

なんで、結構時間がかかりそうなんで頂いたバトンは明日スゲーやらせていただこうと思います。

明日はその話題でもちきりですね!

それとコメントのお返事なんですけれども、最初にちょっとスゲー要モザイクな謎動画とか見ちゃったせいで時間がある程度失われてしまいましたので(ミッシングタイム)、そちらも明日必ず、必ずお返事しますので僕のことを好きになればいいと思うよ。

人気ブログランキングへ

あざーす!


  1. 2006/09/08(金) 15:33:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

負ける気はありません

あっ、やだ・・・、なんかすごい・・・、ドキドキしちゃう・・・、僕です。


昨日家に帰りまして早速皆さんに教えてもらったうどん料理でも作ろうと思ってキッチンに立ったんですけれども、昨日は焼きうどんを作ろうと思ってうどんを取り出したらうどんの裏の部分にざるうどんの作り方がかかれてたんでそちらを作ってみました。

結果としては冷やす過程でうどんを完璧に冷やしきることができない未熟者故、生暖かくてとてもまずかったです。

しかもここ最近全身に力が入らないところとかありまして、こりゃおそらく1日1食うどん1玉のみの減量健康法が原因なんじゃないかとかんぐってみまして、これで倒れたらマジみんなに馬鹿にされちゃうと思いまして昨日は豪勢にうどん2玉使ってみました。

こんな贅沢が果たして許されていいのかと戦時中のことを思いながらめいっぱい食べてみたんですけれども、体重が跳ね上がりましたこれしきのことで。

さて、おとといもそうだったんですけれども、昨日とかも家に帰って飯をペロリとたいらげて頬杖つきながらベッドの上でゴロンゴロンしていたんですけれども、いつの間にか寝てしまったんですね。

時間としては21時を過ぎたあたりなんですけれども、それくれーの時間からきっかり3時間寝て起きちゃうんです。

深夜12時ころにはパッチリ目が覚めちゃうんです。

で、そんな時間ですとさすがにやることもねーってことですぐに寝ようと思うんですけれどもこれがなぜか眠れないわけですよ。

仕方がないんでベッドの上で腕を背泳ぎするときみたいに頭の後ろでぴんと伸ばして右へ左へゴロゴロ転がるという非常に斬新且つとても面白い一人遊びを4時間してました。

要するに暇でした。

で、そのゴロゴロしてるときに部屋のあちこちをついでに見ていたんですけれども、こないだ大掃除をするって張り切っておきながら見事なまでに散らかし放題ゴミ散乱し放題の我が家に涙とかが浮かんできそうになったんで、ここはいっちょ本腰でも入れて掃除をしなければと思いました。

でもさすがに夜中に大掃除するとかそんなシュールなことできないですし、なんか夜中に掃除すると身長がとまっちゃうとかって迷信?そんな感じの?あったじゃないですか?なかった?僕バカ?まぁ要するにメンドクセーってことで急遽土曜日のバイトを休みにしまして土曜日にもう一度大掃除にチャレンジしようと思ってます。

しかし一人でやるとまた前みたいに挫折を味わう可能性とかが多分にありそうなんでここは近所に住んでる僕の右腕こと友人なっかを言葉巧みに我が家に誘って掃除を手伝ってもらおうと企んでおります。

ちなみにまだなっかには伝えてないんで、この更新を見たら僕に直接連絡をしなさい。

自給1000円で雇います。

目安としては2時間程度です、連絡をしなさい連絡を。

そんなわけで今日はスゲー暇なんですけれども、これから事務所にて男子の社員さんと仕事の時間が終わるまで正常位と騎乗位はどちらが形的にすばらしいかを議論しなければいけないのでとても忙しくなります。

僕は騎乗位派で社員さんと討論しなくてはなりません。

かなり熱い議論になることが予想されるのと同時に女子社員からは軽蔑の視線を送られること間違いなしだと思いますけれども、これはこれからの人生においてとても重要なことだよと男性社員の人に言われたんで仕方がないです。

人生で重要なことは取りこぼしのないようにしなきゃですし。

つーわけで?今日とか?この辺で?終わりにしちゃうんで皆さんは早めの睡眠をとって夜に備えればいいと思います。


今日の思い
男子出産おめでとうございます万歳



人気ブログランキングへ

   もうしばらくポチポチしといてください。


  1. 2006/09/07(木) 16:07:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

身体的特徴

蚊をつぶしたら血が飛び散ってじゃっかん引きました僕です。


最近夜に出歩いていると遠くのほうからなにやら女性のあえぎ声が聞こえてきまして、発信源を特定して注意をしなくてはとコンビニに行く途中にきょろきょろしていたんですけれども、当然のように不審者と断定されまして職質の嵐が僕の周りに吹き荒れている模様です。

ちなみにその女性のあえぎ声らしきものはどうも猫の鳴き声ということでほぼ間違いないようです。

それが僕には女性のキモチいい声に聞こえるあたり末期と言わざるを得ないです。

さて、最近の僕の朝の弱さは許しがたい状況に陥ってまして、まさかこれ以上遅刻なんてしようものなら本気で首、もしくはせっかく給料上がったのに減給などとふざけた処置が施されてしまいかねない危機感を社員の瞳を見れば僕くらいになると一発でわかりきってしまうので、こりゃもう遅刻なんかできやしねぇなと思いまして新たに目覚まし時計を一つ導入してみたんですけれども、この処置が見事にはまりましてパッチリと目が覚めるんです僕。

なので最近は朝立ちゴメンな状況で女子社員からのモーニングコールで悶々としながら起床していた僕が最近では必要としていないですからね。

人間やる気になりゃなんでもできるってことです要は。

で、当然のように今も仕事中なわけなんですけれども、仕事中にもかかわらず今漫画喫茶にいます。

入ってから2時間半経過しています。

スゲー暇。

やることなさ過ぎて今日僕は何のために出勤したのか理解に苦しんでいるところなんですけれども、午前中はじゃっかん仕事あったんですよ。

で、なんか何が書かれているのかさっぱり理解ができない何かしらの資料をさも得意げにエリート社会人の物まねをしながら読んでる振りをしていたんですけど、いきなり社員さんに頭をひっぱたかれました。

何事かと。

これ以上ないくらいまじめを装って仕事してる振りをしているのになぜはたかれる必要があるのかと憤慨したんですけれども、社員さんいわく「コラ、寝てるんじゃない!」だそうです。

ちなみに僕の目はそのときしっかりと見開かれていましたし、ましてや職務中にヨーヨーで遊ぶことはあっても寝るだなんて!

そんなこと僕がするわけないじゃないですか。

それを何をいきなり寝てもいないのに「寝るな!」だと、しかも頭までひっぱたきやがってと、この一連の動作を僕なりに考えて見ました。

テメーこのやろう暗に僕の目が細ぇーっていいてーのかおい!

確かにうつむいてるときとか僕の目は閉じてるように見えるらしいよ?

よく「寝てるの?」って言われるよ!?

でも寝てねーよ!

確かに学生のころにも教科書読んでたら急に頭はたかれたりしてたよ!?

その時も「寝るな!」って言われたよ?

でも寝てねーよ!

起きてるよ!

目開いてるよ!

すべての物事を見通してるよ!

なんでも見えるよ!

ほせーだけだよ!

でも見えてるよ!

なんでも見えるよ!

未来だって何とかすれば見えるかもとか思ったことないよ!?

さすがに見えないよ?

自分の5年後の姿すら見えないよ?

でも目は見えてんだよ!

あまりにも腹が立ったんで社員とかバイトの立場とか関係なしに思い切りスリッパとかを投げつけておきました。

まったく、理不尽な世の中です。


で、関係ない話なんですけれども、いくつかうどん料理に関しましてすばらしいアイデアをいただいたんで今日とか作ってみようと思います。

教えてくれた方、大好きだ、超抱きしめるよ。


人気ブログランキングへ



  1. 2006/09/06(水) 15:56:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

教えてほしいです

ねぇ、聞いてる?もう、終わってすぐにタバコ吸わないでよ!僕です。


今日はちょっとおなかの調子があまりにもあんまりなんでゴロゴロとか鳴らしてるんですけれども、そうすると糞だけではなく屁とかも出したくなるんですよ人間て不思議だね。

だもんでここはいっちょ完全犯罪さながらに音を立てずひっそりと、しかし華麗で優雅に屁をこいてやろうと事務所内の誰にも気づかれないようにかましてみたんですけれども、見事に音は一切聞こえず、僕の完全犯罪ここに成就かと思ったんですけれども、劇的に臭すぎてばれました。

で、当然最初は名乗り出ないで犯人探しをしているふりとかしていたんですけれども、途中から全然関係ない違うバイトの人にみんなが「お前だろう!」「あの臭いはお前のような非国民にしかだせん!」みたいなことになって完全にその人にほぼ確定されそうでした。

「実は僕なんだ!ごめんねテヘヘ☆」って名乗り出るタイミングを完全に逃してしまいまして、いっそこのままなすりつけたままにしてやろうと思ったんですけれども、なすりつけられた人がじゃっかん泣きそうだったんで心が痛んで名乗り出てみました。

軽く折檻とかされておきました。


さて、別に屁のことなんて書いても需要がないなんてわかりきってるんで汚くて臭いんでこの辺でやめておきますけれども、そうするってーと今日とかスゲー書くことないんですね。

仕事も普通に暇でしたし、昨日の夜とか同じマンションの上のほうの階に住んでるホストみたいなやつが彼女と思われる金髪で目がチカチカしそうな原色の服を着た女となぜか僕の部屋の前で激しい口論を夜中にしてまして、うるさくてかなわないと思ってのぞき穴から一部始終を見てたんですけれども、その男が女の人をガチ殴りしていて軽く引いた事以外はいたって普通な穏やかな日常です。

そういえばこのブログを読んでる専門時代の友人に専門のときの僕たちのオモシロストーリーとか書いてよって電話で言われたんですけど、スゲー無視です。

それとちょっとお願いなんですけれども、今僕は一身上の都合で毎晩うどんのみの生活をしているんですけれども、芸がないために毎日煮込みうどんです。

いい加減飽きたとか飽きないとかそういったレベルの次元に突入してまして、このままいくとうどんは悪くないのに僕うどんの事嫌いになっちゃいそうです。

なんで、だれか煮込みうどん以外のうどん料理でスゲーあっという間にお手軽にできちゃう目から鱗とか風船とかがこぼれ落ちそうな素敵なアイデアあったら教えてほしいです。

お礼としてスゲー抱きしめます。(男女可)

じゃあそんなわけで今日は今から事務所に戻って昨日遅刻した言い訳をでっち上げなければいけないんですごく忙しいんでこの辺で終わりにしようと思います。

夜暇でやる気があって尚且つエロビとか借りたりしたらもう一回更新しようと思います。

それではまた後で~!(トップロープを飛び越して退場)


人気ブログランキングへ



  1. 2006/09/05(火) 17:20:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

乳首出てた

嘘でもいいから好きだといってほしい僕です。


今日はいつもどおり社員さんの電話で起こしてもらったわけなんですけれども、いつもならそこで飛び起きてシャワーの一発でも浴びちゃうくらいなノリなんですけど、なんか今日はスゲーゆっくりしちゃってたんですね。

で、はぁ、また仕事かぁなんて考えながら再び布団に横たわったらいつもみたいに二度寝しちゃったんですよ。

ふと目を開けたときには9時とか回ってまして遅刻確定でした。

でもとりあえずあわてたりしながら家出たんですけれども、駅に着いたときに足元に違和感を覚えました。

なんかいつもと違うと思ったんで足見たら夜中ジョギングする時用のスゲーマジはんぱなくぼろい爺さんとかが履いてそうな靴はいて来ちゃったんで今でもすごく落ち込んでいます。

で、まぁ当然のように遅刻したわけなんですけれども、みんな乳首って知ってる?

男の人にも女の人にもついてると思うんですけれども、乳首って普段電車に乗ってるときとか見えちゃいけないもんじゃないですか?

確かそうだったはずなんですけれども、今日僕の斜め前に立ってたスゲー美人の女の人の脇あたりから乳首が見えてました。

えっ?なんで?

そう思いました。

見えててはいけない場所で乳首が見えていたんで当然慌てふためいたりべそをかいたりしたわけなんですけれども、こんな機会めったにないと思ってちょっと乳首見てたんですけれども、ぶっちゃけこのブログ読んでる男の人とか女性の乳首見たことねーべ?

なんか悪いね、僕見ちゃったしね、しかも電車の中とかっていうスゲーレアな場所で、別にあんまりうれしくはないかな、ウワー僕って大人、ジゴロ、ダンディー。

でもまぁ見て悪い気はしないですし、不慮の事故で見えてしまっていたわけですからちらちら見たわけなんですけれども、なんかこの人かわいそうだな、この先何人にも乳首見られるのかな、しかもそのことに気づかないのかなとかって思いまして、そこは紳士で通ってる私タケチこと僕ですから意を決して乳首が見えてしまってることを教えてあげようと思いました。

トントンと肩をたたきます。

で、「えっ?何?こいつ何?変態?」みたいな顔で振り返られたんですけれども、その誤った認識はすぐに拭い去られて僕が紳士に見えること間違いなしな決定的な事実を告げてあげようと、しかも気遣いのできる僕は周りの人に今まで乳首さらしてここまで来たことを悟られないように小声で教えてあげよう、うん、僕って優しい、大人、ハンサムとかって思ったんで耳元に少し顔を近づけて見る人が見ればカップルかもしれない空気をかもし出して耳打ちをします。

「あのぉ、乳首見えちゃってますよ。」

そう耳元で小声で言う僕。

ウワー今日は結構僕いいことしたかも、なんたって今まで乳首見せててこれからも見せ続けるかもしれなかった女性の痴態を未然で、被害を小規模で、最小失点で抑えてあげたんですから。

もしかしたらこの人感激しちゃうかもしれない、「ありがとうございます。ぜんぜん気づきませんでした。でももう見ちゃったんですよね、私の・・・乳首・・・。それはそれでいいです。変なオヤジとかにずっと見続けられてるよりあなたみたいな本物の紳士に少し見られてしかも教えてくれるなんて・・・。私うれしいです。ありがとうございます。あっ、そうだ、あのぉ、危うく大恥をかいて街を歩けなくなってしまうのを未然に防いでいただいたお礼に今晩お仕事終わってからディナーでもいかがですか?私がおごりますんで、いえ、乳首を見せ続けるのに比べたら安いものです。それにお礼がしたいのもそうですけどそれは口実で・・・、あなたみたいな紳士にめぐり合いたいなってずっと思ってたからできるだけ長くいたいしあなたのこともっと知りたい。それに私の乳首だけじゃなくて全てを見てもらいたいから・・・。キゃッ、私何言っちゃってるんだろうもうドエロ!」

とかってなるんじゃねーかとか考えちゃいました結構マジで。

で、当然のようにリアクション待ちです。

さぁ、思い切り僕に感謝してくれ!

とかって思いましてその人の行動を見てたんですけれども、まずは小鳥でも飼ってるのか?と思うほど今までぱっくり開いてた脇の部分を懸命に直します、隠します。

で、その作業が終わってから僕のほうを向きます。

ウワーヤッベ妄想が現実になっちゃうかも!とかって思ったときに、その女の人はスゲー本気の力で僕の足を踏みつけやがりました、ヒールで。

「~~~~~~ッ!」と、言葉にならない痛みが走ります。

程なくして電車が駅に着いたんでその人は足早に降りていきました。


テッメこのやろう!!

なんだってんだよマジで!

意外と親切だったはずだぞ!

確かに僕は乳首見たよ?

でも見ようとしなくてもし乳首が見えやがったんだよ!

どっちかってーとオメーが見せててそれを僕が教えてあげたのになんだこの仕打ち!

ならあれか?そのまま乳首を露出したまま1日過ごしたかったんか!?

見せていたかったんか!?

僕のはおせっかいか!?

じゃあなんで隠すんだってんだまったく!

とかって思いましたけれども、確かに「乳首見えちゃってますよ」って言い方も結構変態っぽいかもとかって反省しましたし、鼻毛が出てるとか鼻くそついてるみたいな感じで言われたら言われたで恥ずかしいし言った奴はデリカシーないのかなとも思いました。

ちょっとだけ僕も反省したんですけれども、何もヒールでおもくそ踏み潰さなくてもいいと思いました。

今でもかなり痛いんですけど、これは乳首を見ることができた代償と考えれば耐えられなくもないんで、そう考えるとこの痛みと引き換えにならあと何回も乳首見れちゃうじゃんとかってやや方向性の違ったプラス思考で今日も元気に仕事サボってます。

早起きは三文の得、遅刻は乳首が見れる、うーん、甲乙つけがたし!

とかって思いながら書いてみたんですけれども、なんかこれって僕犯罪とかになるんですかね?

ヤベースゲー今とかびびってるんですけど、もう書いちゃったしなぁ、更新しちゃおうかなぁ、どうしよっかなぁ、えーい、いいやメンドクセー、更新しちまえ!

人気ブログランキングへ


  1. 2006/09/04(月) 16:27:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

めどは1週間くらい

友人とっとこ、誕生日おめでとう、おとといだけど。

好きか嫌いかでいったらえーっと、あのー、そのー、す、好きだよ僕です。


今日は仕事がないんでサボってやろうと思い事務所近くの漫画喫茶に入り浸っているんですけれども、まさか仕事をサボって僕が漫画喫茶に3時間パックで入店しているなんてこと社員のヤロウはわからねぇんだろうなとかって思ってさっきウーロン茶を注ぎに行ったら社員の人がいました。

ギリギリのところでその姿が確認できたので僕の姿は目撃されてはいないと思うのですが、まさか同じところでサボっているだなんて。

たまたまやつは禁煙席の方に向かったんで席から離れなければかち合うとかって悲劇的な結末は回避されると思うんですけれども、うっかりウーロン茶とか一気で飲めたもんじゃないですね。

ここで僕の姿でも確認されようものならせっかく昇給したのに即解雇なんてしゃれにならないけどしゃれみたいな出来事が起こってしまいそうでマジこえー。

そんなわけで今とか僕スゲーおびえてるんで母性が強い女性は僕のことを強く抱きしめればいいんですけれども、今日も昨日に続いて天気がいいみたいですね。

日曜日ですからみんな遊び行ったりしてるんでしょうねやだやだ。

僕とか仕事してるのに皆さんは遊びで行楽地ですか?

デートですか?

怠慢がすぎるんじゃないですか?

もう、しっかりしてよね!(ほっぺたをいっぱいに膨らませて)

さて、別にこの時間に更新しても今日とか書くことないんでスゲー困ってます。

誰かが僕にお題を振ってくれたり貴方のこんなところが知りたいのとかって言ってくれたらスゲー書く気なんですけれども、現状そういった要望はないみたいなので皆さんが僕に興味がないんだなぁということをかみ締めつつ泣きながら更新してみてます。

やべーここまで書くのに2時間弱かかってる。

書くことがほんとにないときに惰性に任せて書いてしまうととんでもないことになるみたいですね。

つーか惰性とか今日だけじゃなくてほとんどの更新がそうだしね。

ちょっと過去の読み返すとぶっちゃけ書いた覚えのないものとかあるしね、やだやだ。

さぁそろそろ何を書こうかといったところなんですけれども、どうあがいても今日とか何にもないんでテキトーに書きますけれども、ブログランキングってあるじゃないですか?

あれ一応僕もはっつけてあるんですけれども、つい最近まで存在忘れてたんですよね。

で、なんか久々にアクセス解析とか見てみたら結構そのランキングから見に来てる人とかいるみたいでその人たちには大変申し訳ないものを見せてしまってるみたいです。

で、どういう仕組みで見に来てるのかかんぐってみたんですけれども、なんか誰だかがたまに押してくれてるみたいなんですねありがたいことに。

本人まるっきり忘れてたんですけれども、このことは押してくれていた人には内緒にしといてくださいね、シーです、シー。

で、思ったんですけれども、このアクセス不況のなか結構ランキング経由で見に来てくれてる人がいるってことはなんか宣伝とかすればスゲーくるんでしょ?

そういうシステムなんでしょ?

人生楽勝なんでしょ?

なんでちょっと試しに更新のケツにはっつけようと思います。

それで皆さんが見てポチポチ押してくれて僕とか有名人に仕立て上げてお金持ちにしてしまおうという魂胆なんですけれども、ここまで腹黒いのとかは僕だけの秘密です、内緒です、シーですシー。

そんなわけでちょっとの間はっつけますけれども、やっぱり基本はどうでもいいんでめんどくせーとかって思う人なんかは押さなくていいです。

ぶっちゃけ僕ですらそんなもんめんどくさいです。

なのでまぁ期間としては1週間くらいですかね、そこまで僕が忘れてなかったらですけれどもはっつけようと思います。

つーわけで今日はこういう形で逃げてみました。

明日はしゃんと更新すると思いますアデュー。

人気ブログランキングへ




貼れてるかわからないけどいいや。

読んでくれてる人はしばらく僕のめんどくせー事にお付き合いください。

  1. 2006/09/03(日) 15:58:38|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

本末転倒だってさ

どうやら明日からまた10連勤以上の波が押し寄せてくるみたいです僕です。


さて、昨日予告したとおりに今日は部屋を大掃除してしまおうと思いまして、昨日夜更新するかもなどと抜かしておきながら12時前に眠りについてしまった僕なんですけれども、さすがにそこまで早くに寝たんですから早起き当たり前なんだろうと思いまして、目が覚めた時時計を見たら朝の8時でした。

あっ、珍しくマジで早起きできたじゃないと思ったんですけれども、なにもここまで早く起きる必要性は皆無だと悟った僕は後2時間だけ寝て10時に起きようと2度寝を敢行、再び深い眠りへとつきまして次に目を開けたらお昼でした。

つーか2度寝した時点でこの結果は明らかだったんですけれども、久しぶりの休みだったもんですからゆっくりしてーなぁってのがありまして、その、なんていうか、2度、寝?してみたんす。

あわてて飛び起きたり自分で自分を辱めたりしてみたんですけれども時間が戻るはずもなくとりあえずシャワーでも浴びてみました。

で、午前中にサクッと大掃除するという計画はもろくも崩れてしまったわけですけれども、ここであきらめてはイケメンへの道が閉ざされてしまうと思い、掃除は後回しにして街に買い物に行ってみました。

昨日いろいろ考えたんですけれども、なんか布団とか入れて掃除機でブウイィィって吸うとスゲーぺちゃんこになっちゃう目から鱗とか鯖とか落ちそうなやつあるじゃないですか?あれ買おうと思ったんです。

で、新宿にてその商品を購入したんですけれども、これってどう考えても掃除機が必要なんですよ。

でも僕って今時の子だからかわかりませんけれども掃除機持ってないんですね。

今までコロコロするやつとホウキっていう昭和のアイテム丸出しなやつで掃除してたんですけれども、こうなったら一気にグレードアップ、飛び級、モテへの近道として掃除機も買おうと。

しかし電気屋で買ったんじゃ1万とかしちゃいそうだ、別に新品じゃなくてもいいしなとかってことでして帰りがてらに近所のリサイクル店で買おう、あそこ前3千円で売ってたしとかって思いながら帰ります。

でだ、意気揚々とリサイクルショップに入って狭い店内を見て回ったんですけれども、ないんですよね、掃除機が。

店員に聞いたら「今ないのよねぇ」とまるでオカマ口調のように陽気に返されてしまいました。

しかしどんな状況でも慌てず走らず勃起せずないい男、群馬の堕天使こと僕ですから動揺せずに店をでます。

仕方ないのでもう一軒近所のリサイクルショップに行ってみます。

もうひとつのほうはさっきの店の3倍はあろうかという店内なのでないはずありません、なんで最初にこっちに来なかったのでしょうか、フフッ僕もやきがまわっちまったぜと肩で風を切りながら向かいます。

着きました。

早速店内を回ってみたんですけれどもありません。

おかしい、掃除機が置いてないなんてそんな馬鹿なことあるか、と思ってよく見て回ったらありました掃除機、業務用の。

スゲーバカでかいの業務用。

しかし値段はさほど高くないので買ってしまおうと思ったその時、なぜ掃除機を買うのかを思い出しました。

部屋を広く使ってスペースを作るために使ってない布団をコンパクトにまとめるのを第一目的に掃除機を購入するのに、なんで普通の掃除機の倍はありそうな図体のものを買わなきゃいけないのかと、意味ねーじゃんと。

そういうこともあって今回はお預けです。

しかしそうするとせっかく買った布団を縮ませるすごいやつがなんの意味も持たなくなってしまいます。

これはいけないと思い、近所に住んでいる掃除ができない主婦より掃除ができないことでその名を練馬区の間にとどろかせている友人なっかに電話です。

プルプルプルプルガチャン、

「もしもしなっか掃除機ちょうだい」

「うん駄目、なんで?」

「なんかよー、布団圧縮させようと思ってあの袋買ってきたんだけど僕掃除機持ってないのね、で、掃除機はリサイクルショップで買えばいいやって楽観視してていざ店に行ったら掃除機がないんだよね、一個も」

「ほうほう」

「でも違うほうのリサイクルショップにならあるかも!とかって思って言ったらあったんだけど業務用でバカでかいやつでさぁ」

「うん」

「買おうと思ったんだけど余計に邪魔になっちゃうとかってぎりぎりのところで気づいたんだよね」

「本末転倒だね」

「そうだね、いい例だね、掃除機ちょうだい」

「無理」

みたいな会話になったわけなんですけれども、どうしても掃除機がほしい僕は仕方ないのであんまり近くじゃない家電量販店に行く事に、歩いて30分です。

歩きました。

着きました。

早速掃除機の売り場に行ったんですけれども、あれなんですね、掃除機って4万とかするんですねいいやつだと。

当然そんな高価なものを買う余裕は僕にはないので紙パック交換式の手ごろなやつを探しましたがやっぱ1万とかするんですよ。

ハァとため息をついたときに僕の目に飛び込んできたのは「更に値下げ」の文字とともに踊る5980円の文字が。

僕が買いに来ることを待っていたとしか思えないこのふざけた値段の掃除機を購入、ついでに紙パックも5個入りのやつ買いました。

店員に「持ち帰りですか?」と聞かれまして、こいつ馬鹿じゃねーのか?掃除機ひとつ買って持ち帰らないあほがいるのか?まったく、この会社はなってねーなとかって思いながらキザに「ハイ」と答えて手に持って店を出た瞬間に店から家までの距離を冷静に考えました。

スゲー遠い。

歩いて手ぶらで30分かかった道のりをデケー荷物抱えて引き返さなければなりません。

しかも短い距離なら屁とも思わない重さなんですけれども、長い道だとくじけそうになるくらいの重さです。

しかし1度言ってしまったものはしょうがないです、がんばって持ち帰ります。

軽く1時間弱かかってようやく家に着きました。

で、家に入った時に僕は達成感でいっぱいになりまして、とりあえず掃除機を置いて休憩するためにベッドに横になりました。

寝ちゃった。

ヤッベ寝ちゃったよどうしよう、掃除機買ってきて満足して寝ちゃった。

いつも通り己のアホさ加減に愕然としながらも、休みがもったいないと思った僕はとりあえず片付けを始めます。

いらないものを一回全部出して捨てに行く作業をしようとまずは一回床に不用品を集めます。

で、それらを何回かに分けて捨てに行こうと思いまして、3回ほど捨ててきたんですけれども、飽きちゃった。

おまけに中途半端に寝たせいで体もだるく、あえなくギブアップです。

こうして大掃除をしよう!と思っていきまいていた僕なんですけれども、結果としましては片付け始める前に比べて余計部屋が散らかりました、もうヤダ。

だれか掃除してください、報酬として飯2回おごります。

  1. 2006/09/02(土) 23:29:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

やっと終わる

自力で起きることをあきらめた僕です。


今日で12連勤とかってふざけた茶番が終わろうとしています。

まさかあんなに頑張ってメールを催促したにも関わらず0通という僕の著しいカリスマ性の欠如を認識してしまって自殺でもしてやろうかと思ったんですけれども、今死んだら僕だけ彼女ができないひがみで死んだと思われるのもなんだか嫌なんでこうやって元気に生きてます僕。

そんなわけで昨日はスゲー仕事といえない感じの時間を過ごしていたわけなんですけれども、今日はしっかり仕事しています。

昨日手の甲に書かれた女性器が完全に消えずに軽く残ってしまって何をするにも手を隠したりしなければいけないこと以外は普通の日ですね。

明日はお休みです。

12日ぶりのお休みです。

うわああぁぁぁぁぁぁぁヤベー、今ちょっと明日休みで何しちゃおうか考えただけでもスゲーおもしれーねヤベーね!

とりあえず考えていたことがあるんですけれども、まずは僕の部屋を年末でもないのにスゲー大掃除しようと企んでおります。

こないだちょっと部屋をいろいろあさっていたんですけれども、明らかにいらないものが山のようにきれいに保存されていたんでこの機会に捨てて捨てて捨てまくろうと思っています。

大体パーティーなんてした事ないのに10本以上もクラッカーが出てくるとかおかしいです。

SMプレイが好きでもないのにろうそくが山ほど見つかるなんて間違ってます。

そんなわけで明日は休日にも関わらず早起きでもして午前中超捨てまくります。

で、午後はちょっくら街にでもでてお部屋の模様替えのためのいろんな物を見ていいのがあったら買おうとかって思ってます。

別に全然おもしれー事でも何でもなかったですね。

で、時間が余ったら今度こそエロビでも借りちゃおっかっなぁはぁんとかって思ってるんですけれども、せっかくの休みにエロビ見てるのもなんかスゲー悲しくなっていろんな人に呪いの電話とかかけちゃいそうなんでそれはやめとこうと思ってますなにさ。

今日はちょっと時間がないんでこんなもんで終わりにします。

夜暇だったらまた更新する気ですけど、金曜の夜に暇だって事がばれるのも悲しいので考え中です。

  1. 2006/09/01(金) 13:47:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。