NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聞いた話ですよ

うどん料理のレパートリーが増えたよ、僕です。


今日は僕の友達の友達の話を書こうと思います。

その友達の友達、仮にここではTとしときましょうか、そのTってやつがなんか最近ダイエットに乗り出したらしいんですよ。

男なのにダイエットとか女々しいとか思いましたけれども、なんでも体を鍛えるためでもあるとかで、すごい運動してるらしいんですね。

どんな運動かというと、ただ単純に走り回るといった感じの誰でもできちゃう運動なんですけど、大体1時間くらい走ってるそうなんですよ。

食事もなんか特定の麺類しか食べてないらしくて結構本格的で。

でね、走るときの格好なんですけど、なんかサウナスーツみたいなやつを上下着てからさらにその上にジャージを着込んで、さらにさらに上半身だけフード付きのウィンドブレーカーみたいなの着てるんですって。

で、そのフードをかぶってさらに口元にはマスクをして、手も軍手で隠すスタイルで走り回ってるらしいんですよ。

結構そんな格好で走ってたら怪しいやつ丸出しじゃないですか?

なんで、人があまりいない時間帯、つまり深夜に走ってるらしいんですけど、なんか深夜に走ってるとか考えたら余計怪しいですよね、まぁ別に僕とは関係ないんでどうでもいいですけどね☆

で、そんな感じで結構本格的に走り回ってるらしいんですけど、なんかそいつ、Tってお腹があまり強い子じゃないらしくて、結構高確率で頻繁にお腹をくだすことがあるらしいんですよ。

お腹くだすとか結構時間を選んで痛くなってくれるわけないじゃないですか?

だもんでもしも走ってるとき、さらにトイレが近くにないとき用に最初のころはポケットティッシュを持ってたらしいんですけど、しばらく走ってても別に腹痛に見舞われることなんてなかったらしいんで持ち歩くのやめたんですって。

それからしばらくしてまだTは走ってたらしいんですけど、ある日、走り始めてからだいぶ距離が来たところで急に腹痛に見舞われたらしいんですよ。

やばい!そう思ったらしいんですけど、幸いすぐ目の前にコンビニがあったらしいんでコンビニでトイレ借りようとしたらしいんですけど、入る直前に自分の格好が結構まずいことになってるって思い出したんですね。

なんたって露出がもの部分しか出てなかったらしいですから、見ようによっては強盗と間違えられてめんどくさいことになりかねんと思ったらしいんですよ。

普段Tってやつ、普通にしててもよく職質とかあうらしいんでめんどくさいのとかすごい嫌なんですって。

そうなるとコンビニでトイレ借りることをあきらめるしかないんですけど、毎日走ってるコースですから近くにトイレのある公園が存在することをTは知ってたらしいんで、なんとか内股でそこを目指したらしいんですよ。

どう考えても距離的に自分ちに帰るよりかはその公園が近いらしかたのでそっちに向かったんですって。

で、なんとか出そうなものを出さずに公園にたどり着いてトイレに入ったらしいんですけど、なんて言うかな、そのトイレ、すごい汚かったらしいんですよ、ほんとに半端ないくらい、死んだほうがましって思っちゃうくらい。

いろいろなところに飛び散ってたらしくて、もらさなかったとしても誰のものかもわからないうんこを踏むんでしまうことは確実だったらしいんです。

なのでそいつ、Tはそこでうんこすることをあきらめたらしいんですけど、Tには時間がありません。

悠長にどうしようなどと考えていれば、すかさずそいつの臀部は液体に染め抜かれて泣き崩れることは必死。

かといってトイレではできない、近くにトイレもない、今いるところは公園。

野グソしかないでしょう!って思ったらしいんですね。

そのTってやつ偶然にも僕と同じ年の24歳だそうなんですけど、まさか24にもなって野外で脱糞するとは夢にも思わなかったらしいんです。

でもまぁもらすよりかはましかと思ってしたらしいんです。

で、ゆっくりと、しかし急いで茂みの奥へと行って、なんとかもらさずに事なきをえて、さてティッシュで拭こうとポケットに手を当てた瞬間にそういえばもうティッシュは持ち歩いていないことを思い出したんですって。

てゆーか忘れてるとかそっちのほうが問題だと思うんですけど、極限の状態になるとそんなこと考えられなくなるんですかね?僕にはわかりませんけど。

で、Tはもちろんあせったらしいんですよ、そりゃそうですよね、なんたってケツふけないんですから。

意味ないって話ですよね、拭けなかったら結局は漏らしたと一緒ですからね。

でも漏らしたとかそういうことは絶対に許せなかったんですって、なんたって24の大人なんですから意地でもそれは嫌だと思ったらしいんです。

でもティッシュはないじゃないですか、トイレも離れてるじゃないですか、今いるところは茂みの中じゃないですか。

葉っぱしかないだろう!ってことで泣く泣く葉っぱで優しく患部を拭い去ったらしいですそいつ。

まさか24で野グソして、しかもその後処理を葉っぱで済ませるなんて事おきるはずもないと思ってたらしいんですけど、実際現実で起きてしまいましたし、これはこの上ない屈辱だと、汚点だと、汚物の残りかすを拭きながら思ったらしいんですよ。

このことは絶対に口外はできない、もしうっかり誰かにしゃべってしまったらその聞いたやつを殺さなければならないと思ったんですって。

で、そんなことすっかり忘れたある日、そのTってやつと仲のいい友人二人、その二人もTって言うんですけど、3人で遊んだらしいんですね。

で、なんか夕飯一緒に食べた後にT、野グソしたTですけど、そいつがションベンしたくなったらしくて、でももう店出ちゃったんで仕方なく物陰に隠れてチョロチョロしてたらしいんです。

それもどうかと思いますし、そもそもその行為は軽ナンタラ法とか危ないんじゃないかと思いますけど、もちろん僕には関係ないんでどうでもいいですね。

で、垂れ流してるときにそいつはこないだ野グソしたことをぼんやり思い出したんですって。

で、用事が済んでみんなのところに帰ったときにはそいつ、そのことを言いたくて言いたくて仕方なくなったらしいんですよ。

あれほど言えないと思ってたのにマジアホとしか言いようがないんですけど、面白ければいいやと思って言っちゃったらしいんです。

結局馬鹿にされたらしいんですけど、そこそこ笑ってくれたのでまぁいいかと思ったらしいですそいつ。

それが僕と同じ24歳なんだと思うとそいつの人間性を疑いたくなっちゃいますね、絶対彼女とかいないと思います。


まぁそんなわけで今日とか僕の友達の友達の話を書いてみたんですけど、話によるとそいつ、その後にもう一回やばくなって野グソしたらしいです。

そのときは葉っぱじゃなくて何かの紙で拭いたらしいですマジこいつスゲーバカ。

まぁ僕とはまったく関係ないんで別にいいですけどね。

じゃあ今日はこの辺で終わりにしようと思います。


今の思い
世の中にはアホな人がいるんですね(泣きながら)


スポンサーサイト
  1. 2006/09/14(木) 16:31:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。