NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

晴れやかに

下痢の恐怖に強く唇を噛み締めながら耐えるのみの狂気、僕です。

さて、およそ二週間ばかりばっこし更新飛ばしつつ今日何食わぬ顔で「こんばんは女子のみなさん今日も綺麗でなによりです愛してるよ」と、やっぱり貴女へのフォローも忘れないゴミ男なのですが、今日とか日曜じゃねぇーすか?

日曜日がおよそ一週間ぶりな僕はですね、なぜか朝の8時に目が覚めるというような怪奇に見舞われまして、こりゃ一発外に遊びに出るのが吉!ということで、彼女もいないということで、初夏ということで、専門時代の友人S(彼女なし)(一つ年上)に久しぶりに連絡いれまして、

件名:接待したまえ

本文:我、大層暇なり。都内某所にて接待したまえ。連絡を待つ。

という内容のメールを送った瞬間にやる気が無くなった僕は友人からの連絡を3時間ほど無視としやれこみ、3時間後の電話で大層怒られ久々に出勤以外で電車に繰り出しました。

で、原宿とか下北(通の呼び方)を歩き回って帰って来たのですが、久しぶりに正面に座っている女子のパンツ丸見えだったのはいいのですが、それが軽く40を越えているのでは?と思う感じの女子でして、いきなり沸点で「テメー何見せてんだコラ!」とか一切思わずに腕を組み、目を反らさず、終始パンツを見ていた僕は大層男前だったとさ。
スポンサーサイト
  1. 2007/07/08(日) 19:48:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。