NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

あのビデオは絶対エロビデオ

切なさに打ちひしがれながらそれでも前に進んでいくんだ僕です。


少し前に雨が振ってまいりまして、当然のように足とかビ・ショ・ビ・ショ(はーと)になってしまっているわけなんですけれども、そんなのはもう慣れっこですので気にせず更新したいと思います。

さて、今現在僕は当然のように仕事中なんですけれども、仕事の都合上秋葉原という場所にいます。

そうそう来ない場所ですので、果たして僕はしっかりとこの街に溶け込めるのかとアワワアワワアワワしていたんですけれども、そんな事ではいけないと思ったので溶け込むための練習に余念がなかったわけですよ。

ハ、アーアー、ンン、アァァーー、モ、萌えー、萌えー、ん萌えー、モ、マ、マンモスウレピー。

うん、完璧、バッチリ、ネイティブ。

そんなわけで練習バッチリで秋葉原に乗り込んできたんですけれども、到着早々道端でビデオテープを発見しました。

アキバという場所柄なのでしょうかなぜかピンク色のテープです。

おそらくピンク色のテープだけに中身もピンクな内容なんでしょうね、うまい、萌え。

そんな感じでプラプラ歩いていたんですけれども、なんかここってティッシュ配りのお姉さんとかがメイド服着てるんですね。

で、渡すときに一回ひざとか曲げて、なんか見方によってはセレブが「ご機嫌麗しゅう」みたいな感じのときにひざ曲げる感じに見えました、う~ん、萌え。

ここまでで僕にはすごく面白いんですけれども、なんかクレープ屋の前に長蛇の列ができていまして、まぁ原宿とかでもよくある光景だななんて思ったんですけれども、ひとつ違う点を上げるとすれば客が全員男なんですね。

店員は別にメイドの格好とかしているわけではないんですけれども、明らかにそれとわかる感じのオーラを身にまとった男子がスゲー並んでいるのがすごく印象的でした。

さすがに萌えませんでした。

やっぱりアキバってあんな感じの人が多いんですね。

カップルも渋谷とか原宿で見るようなそれとは全然違いましてですね、そういった類のオーラに包まれた男女が歩いてるんですね。

とても新鮮です。

新鮮であると同時に、いつもカップルに腹を立てている僕がなぜか腹が立たずにがんばれとか思っちゃうあたりがなんか妙です。

そんなほほえましいおそらくスゲーピュアでプラトニックな愛をはぐくんでいるに違いないアベックを追い抜きまして、ズコズコ歩いていたんですけれども、なんかひとつ電気屋があったんです。

アキバですから電気屋なんてそこらじゅうにあるわけなんですけれども、その電気屋はですね、客の呼び込みみたいなやつを店先でやってるんですけれども、そのやってる人が女子でして、しかもその女子なぜかセーラー服のコスプレで呼び込みしてるんです。

ウワーここまでやっちゃうんだぁとか思いましたけれども、まぁ別に悪い気はしませんしとりあえずお決まりの合言葉を唱えようと思います、う~ん、萌えぇぇぇええええええ!?

やだウソ待って待って、萌えない萌えない、全然萌えない!

ちょっと遠目からだったし髪の毛とかなんか茶髪だったからわからなかったですけれども、えぇぇ?

そろそろ「おばさん」って言える感じじゃん!

遠目からはごまかせても近づくと駄目じゃん!

わかっちゃうじゃん!

無理があるじゃん!

えぇ?それでもでれでれしながら見てるじゃん男の人!

えぇ?そういうところなの?

結構何でもありみたいな風潮があるの?

僕がおかしいの?

待ってマジ意味わかんない、全然つかめない、恋する乙女じゃいられnなんでもない

さすが秋葉原。

僕も結構日本全国どこでも溶け込める自信はあったんですけれども、申し訳ないですけれどもあのコスプレには萌えられないです。

自分を偽ってまで「も、も、萌え~」って言えないです。

ヤベー僕にはまだ秋葉原は早すぎたのかもしれません。

そういえば周りは結構な確立でズボンの中にシャツ入れてリュックしょってるし。

僕は出しててしかもリュックじゃないし。

アイター、基本的なところで溶け込めてなかったです。

これはまずい、一刻も早くにここ秋葉原に溶け込めるようにしなければと一念発起、まずは2chをスミからスミまで読み倒して次はなんだ?エヴァか?エヴァンゲリオンを見まくってネットゲームに明け暮れてメガネかけてコミケ?って言うの?なんかそんな感じの行って気づいたらあっという間に僕は秋葉原の住人に!?ってないない

別に否定をしたりしませんしすごいいいことだと思います。

けどやっぱ僕には無理みたいです。

あそこまでのオーラは身にまとえないっす。

エセっすエセ。

そんなわけで秋葉原でコテンパンにやられたわけなんですけれども、今度はもう少し知識をつけてからこの場所に来てですね、さらにはメイド喫茶にて昼食でもとりたいと思います。

それではその時が来ましたらいつになるかわからないですけれども報告しますんでお楽しみに。

じゃ!(フィギュア片手に)

スポンサーサイト
  1. 2006/06/15(木) 16:40:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<飲むべきでしたね | ホーム | 群馬県DEキャンプ 其の3>>

コメント

秋葉にはものすんごぃ興味あります!!
この前用事があって初めて秋葉に行ったんですけど、電気街とかじゃなかったので典型的なAboyやメイドさんには会えませんでした(´・ω・` )
結構期待してたから残念だったぁ。゜(゜ノД`゜)゜。
今度、社会科見学に行ってきます。* ゚ + 。・゚・。・ヽ(*´∀`)ノ笑

  1. 2006/06/15(木) 19:55:26 |
  2. URL |
  3. lizu #-
  4. [ 編集]

>練習バッチリで秋葉原に乗り込んできた
れ、練習ww萌えた(ry

>そういった類のオーラに包まれた男女
いいよね。そういうの♪(´▽`*)
彼女と同じ趣味ってのは男として重要なパースンだと思うんですよ。
あれ? なんか違う?
(あ、あんたのために趣味が同じってわけじゃないんだからね!)

いいな~ 秋葉~ 1回しか言った事ない~
  1. 2006/06/16(金) 00:00:08 |
  2. URL |
  3. やなせ #-
  4. [ 編集]

電車男を見て以来、ホントにそんな人がいるのかな?と興味を持っておりました笑 ホントに居るんですね・・・も、も、萌え・・・
遠く離れた仙台にもですね、黒のワンピにエプロン姿の女性がよく出現します。
???って思ってましたが、そういうお店があると知って驚きました・・・。
ピンクのワンピきてる人もいました。お肉ぱんぱんで足がドーンって感じでして、よく見ると私よりけっこう上の人っぽかったです。
服装は自由ですけどね、ちょっと・・・も、も、も、萌え~・・・?にはなりませんでしょ。
話は変わりますが、仙台ローリーっていう有名人物がいます(笑)
全身まっピンク(笑)男です。
時々ブラジャーつけて歩いてます(笑)スカートも履いたりなんかして、でもかなりスタイルいいんです。悔しいほどに。
昼は工場勤務で、夜は仙台の街中を徘徊してるらしいです。
3日連続で仙台ローリーを見ると、ネガイがかなうそうです(女子高生談)


  1. 2006/06/16(金) 20:32:59 |
  2. URL |
  3. aisha #-
  4. [ 編集]

lizuさん

僕も詳しくないんですけれども、なんか楽しいですすごく。
帰りに軍服着た美女数名がデケーバズーカー持ってました。
何かのイベントみたいな感じだったんですけれども、スゲー面白かったです。
何気に駅前にスゲー居ましたよ。

やなせさん

確かに同じ趣味とかいいです。
いいですけれども、なんか家にいても無言のような気がするんですけれども。
まぁそれはそれでありだと思います。
彼女が居るって事で僕よりも明らかに幸せレヴェルは高いですし。
僕も頻繁には行かないですけれども、覚えると便利なもの売ってるっぽいのでよさげです。
足しげく通おうかとか考えちゃいました。

aishaさん

いやいや居るみたいですよ。
てか秋葉にかかわらず居ますよ東京は。
結構明度も全国進出してきたみたいですね。
なんかスゲー、秋葉文化って。

てかその仙台ローリーって人軽く都市伝説になってるじゃないですか!
3日連続で見ると願いがかなうとかって完璧に都市伝説並ですって。
言われてる本人もまんざらではないんでしょうね。
  1. 2006/06/16(金) 20:40:15 |
  2. URL |
  3. タケチ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nopointday.blog36.fc2.com/tb.php/197-d7b2dadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。