NO POINT LIFE

ダメ男、いやいや人間としてダメな僕をあざけ笑って。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人を愛するということ

ふざけた人間が書くふざけたブログで通そうとしました。ですが、日ごろ僕が思っている僕自身のこと、言いたくても機会がない、勇気がなくてなかなか言えなかった事を今日は書きたいと思います。今日は少しまじめな話になってしまいますので、見たい人だけ見てください。
長文です。

僕が過去に恋愛をして今思うことです。


僕は過去に2度、失恋により涙を流しています。

これは多いのか少ないのか僕にはわかりませんが、男性としてみたら多いのかもしれません。

一度目は高校生のときでした。

当時僕は1歳年下で家も近所の子と付き合っていました。
僕は高校2年で彼女は1年です。

小、中と同じ学校だったので彼女のことは昔から知っていましたし、彼女も僕のことを知ってくれていました。
それでも、学年が一つ違うということで話す機会もなく、中学卒業までの9年間、ほとんどまともにしゃべったことはありません。

そんな僕たちが付き合い始めたのは僕が高校1年のときです。

中学のときからその子のことをかわいいと思っていましたし、一度も話せなかったことが心残りに思え、その気持ちが徐々に相手を想い慕う気持ちへと変わっていきました。

思い切って告白をしたところ、彼女も僕のことが好きだったらしく、僕たちは付き合うことになりました。

実はこの時は半年ほどで別れてしまったのですが。

高校2年になり、僕も彼女に対する気持ちなど忘れてしまっていた頃、一本の電話が僕宛にかかってきました。

電話の相手はその1歳年下の彼女からでした。

懐かしく思いながら電話に出ました。

2度目は彼女からの告白でした。

少し考えはしましたが、まぁいっか!というような、軽いノリでまた付き合うことを承諾しました。

高校生になった彼女は幾分大人っぽくなっており、以前のように子供のようなあどけなさも少しは残っていましたが、1年という時間が人をここまで変えるのかと驚きを覚えました。


地元は一緒で家も近くではありましたが、彼女は部活で忙しく、また家も厳しかったため僕たちは月に4,5回遊ぶのがやっとでしたが、それでも僕は十分満足でしたし、とても楽しい毎日を送っていたと思います。

最初は軽いノリではあったのですが、いつのまにか僕は彼女を心の底から愛していましたし、彼女もまたより一層大きな愛で僕の気持ちに応えてくれていました。

この幸せがいつまでも続けばいい。口には出しませんでしたが僕はそう思うようになり、彼女も思ってくれているだろうと思っていました。


僕が3年になったとき、終わりは突然来ました。

いつもどおりに楽しく遊んだ翌日、彼女の口から別れたいと告げられました。

あまりにも唐突な出来事だったので、僕は何がなんだか解らなくなりましたが、彼女の意思は硬く、僕たちは別れる事になりました。

泣きました。

最初は涙も出ないほど呆然としていたのですが、一人でいることに不安を覚え、友人に電話をしたとたん、涙があふれてきました。

なぜ?なぜ急に?昨日だっていつもと変わらず楽しく遊んでたのになんで?

ふられたとき、僕をふった理由を聞かなかったため、急に疑問に思ってしまったのです。

後日僕は彼女にアポを取り、もう一度話をする機会を得ました。
もしかしたらやり直せるかもしれない、あの時は一時の感情で言ってしまっただけだ。きっとそうに決まってる。

勝手にそう思わないと僕の心は耐えられないほど、僕は彼女のことを好きになってしまっていました。




              冷めたから




たった一言でした。

僕の1年半の彼女との思い出は、この一言で幕を降ろしました。



まだ高校生だったこともあり、若いときの気持ちなどすぐに変わってしまうことを大人になった今だから当然わかりますし、彼女を恨むことはそのときもそうでしたが、これからもありません。

ただ、僕が本気で愛した初めての経験がこのような形で終わりを告げたことで、僕の中で変化が生じました。

それは「人を愛するということ」へ疑念を抱いてしまうこと。

この失恋以降も僕は女性と付き合う機会もありましたし、まったく女性と付き合わなくなったというわけではありません。
当然ふられたら落ち込みます。

2度泣いた経験のうちのもう一つは最近のことですし、そのときの彼女を好きだったことは間違いないのですが、1度目のときに比べ落胆も少なく、立ち直りも早かったように思います。

本気で愛していなかったからでしょうか?
僕が大人になったからなのでしょうか?
考えをきちんと整理できる人間へ成長したからなのでしょうか?


僕にはわかりません。

過去の経験のことで、僕の心の奥のどこかで人を本気で愛することにブレーキをかけているのかもしれません。
傷つくことを恐れ、傷つきたくないという気持ちが強過ぎるために、どこかで逃げ道を絶えず探しているのかもしれません。


もしかしたら僕は本気で人を愛することを放棄してしまった人間なのかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2005/11/16(水) 18:30:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<なんというかその・・・ | ホーム | モダンタイムス>>

コメント

こんばんわ。
履歴たどってあそびにきちゃいました。
>傷つくことを恐れ、傷つきたくないという気持ちが強過ぎるために、どこかで逃げ道を絶えず探しているのかもしれません。
ここ読んでどきっっとした。
わたしも同じようなとこがあります.....。

  1. 2005/11/16(水) 21:39:17 |
  2. URL |
  3. Umi #-
  4. [ 編集]

履歴からきました☆
「愛してる」って思っててもそれが本当の愛なのか
どーかなんて誰にもわからないと思うし
自分が愛してるって思ったならきっとそれは本当の
愛なんだろうし。。。

でも愛ってわからないですねヽ(o_ _)oポテッ
深いです↓

ってことでよろしくおねがいしますw
  1. 2005/11/16(水) 23:12:34 |
  2. URL |
  3. momo #JBFGtPPo
  4. [ 編集]

Umiさん

始めまして。
おバカブログですいません…。
同じような経験もそうですが、同じような事を考えている人、考えたことがある人がいるだけで僕は救われます。
Umiさんはどんな経験だったんですか?
聞いたらまずいかな(*_*)

momoさん

始めまして。
愛って難しいですよね。
って愛について語る資格のない僕が「愛って…」とか言ってしまっていいのかどうか…。
爺さんになる頃にはなんとかわかっていたいと思います。
こちらこそよろしくお願いします。
  1. 2005/11/17(木) 00:46:12 |
  2. URL |
  3. タケチ #sSHoJftA
  4. [ 編集]

聞いてもいいっす(笑)
えーっと...わたしはね、
子供の頃母親との関係でいろいろあって、トラウマが抜けきらないとこがあるっていうか、心のどこかで拒絶されることを予期しちゃったりするところがありますー...。
だから恋愛初期は積極的だったりしても、拒絶される可能性がちょっとでもあると自分のほうからひく準備をしちゃうみたいな.....。
自分で自覚してだいぶ乗り越えつつあるけど、やっぱりそこに引きずられる傾向みたいなことはいまだあるかな....。^^
  1. 2005/11/17(木) 22:12:13 |
  2. URL |
  3. Umi #-
  4. [ 編集]

Umiさん

自分で引いてしまう気持ちとてもわかります。僕の場合は最初から引いた所から始まっているかもしれません。最後まで踏み込まない事も。
僕は自覚していても乗り越えられないし、むしろ乗り越えようとしていないのかもしれません。
乗り越えつつあるUmiさんが羨ましく思えます。
いつの日か僕にも乗り越えられる時がくるのかなぁ。
  1. 2005/11/18(金) 00:12:33 |
  2. URL |
  3. タケチ #sSHoJftA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nopointday.blog36.fc2.com/tb.php/7-8d3ea012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。